デイリーネットワーク

サイレージはデントコーンから米の時代へ!デイリーネットワーク【第13回】

2017年末特別番組!

農林水産省も利用拡大を推進する
ソフトグレインサイレージ(SGS)を作っている
合同会社Aのー(北海道愛別町)さんに
お邪魔し、代表の大村さんに話をお聞きしました。

輸入物の飼料やデントコーンの高騰が続いた頃
米農家の大村さんは
北海道でもとうもろこしの代わりになる
飼料米が作れないか?ということで
SGSを実際に作っている
栃木に見学に行ったのが始まりでした。

それまで北海道にはSGSを
作っているところはなかったようです。

平成23年にテストで70トン作ったSGSは
現在、多くの方に利用され
年間1000トン出荷するまでに広がっています。

SGSはどんなサイレージなのか?
食べた牛にどのような変化があったのか?

今回はSGSを作っている工場も
見せていただきました。

では大村さんのお話をお聞きください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 化学肥料をやめた牧場って何やってる?デイリーネットワーク【第51…
  2. -15度でも凍らない高水分の牧草ロール?!(第124回)
  3. 牛は家族!人を頼むぐらいなら農家やめちゃう!
  4. 活性誘導水サイレージ添加方法 ロールベーラ編
  5. 雪解けの牧草地が青々しているワケとは? デイリーネットワーク【第…
  6. マイペース酪農 三友盛行著
  7. あと、ガンベがなくなりました
  8. 堆肥は絶対宝物!【特集】酪農家・後藤忠雄-第2話-【DNW109…

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP