デイリーネットワーク

サイレージはデントコーンから米の時代へ!デイリーネットワーク【第13回】

2017年末特別番組!

農林水産省も利用拡大を推進する
ソフトグレインサイレージ(SGS)を作っている
合同会社Aのー(北海道愛別町)さんに
お邪魔し、代表の大村さんに話をお聞きしました。

輸入物の飼料やデントコーンの高騰が続いた頃
米農家の大村さんは
北海道でもとうもろこしの代わりになる
飼料米が作れないか?ということで
SGSを実際に作っている
栃木に見学に行ったのが始まりでした。

それまで北海道にはSGSを
作っているところはなかったようです。

平成23年にテストで70トン作ったSGSは
現在、多くの方に利用され
年間1000トン出荷するまでに広がっています。

SGSはどんなサイレージなのか?
食べた牛にどのような変化があったのか?

今回はSGSを作っている工場も
見せていただきました。

では大村さんのお話をお聞きください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 強みは全天候型サイレージが作れること!デイリーネットワーク【第8…
  2. 【実践編】活性誘導水の試し方!飼料(TMR)の場合は?デイリーネ…
  3. 活性誘導水を使った循環酪農 成功の秘密とは?牧場見学視察会(北海…
  4. 化学肥料をやめた牧場って何やってる?デイリーネットワーク【第51…
  5. コレコレ!あると便利な輸入酪農資材4点ご紹介!デイリーネットワー…
  6. マイペース酪農 三友盛行著
  7. 刈り遅れサイレージでも食べてくれるのでありがたい!デイリーネット…
  8. サイレージの発酵を極めて遅くする水?デイリーネットワーク【第17…

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP