使用方法

【ズバッ!と回答】ウェット飼料の品質低下を防ぎ嗜好性を上げる活性誘導水+BSの使用方法【DNW295】

今回は動画を見た方からご質問のあった
「ビール粕・発酵飼料・TMRなどのウェットな餌に品質や腐りやすいなどの問題がある場合、活性誘導水やBSは有効なのか?」
について回答いたします。

また、使用方法や注意点についても解説しました。

一般的にサイレージや発酵飼料などは水分が多いと、
カビたり、腐ったりととても傷みやすいです。

しかし、
活性誘導水やBSを使用する場合は、
更に加水してジャバジャバ掛けます。

初めて聞いたり、見たりした方は、
大抵信じません。

これまでの動画でもお見せしていますが、
多くのユーザーの方が
実際にやって良い結果を出されています。

ご興味のある方は、
是非一度お試し下さい。

また質問やご相談もお気軽にどうぞ!

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 活性誘導水の効果的な2つの試し方【DNW232】
  2. 【誘導水+BS】禁断の使用方法でびっくりする数値が!熊本県湯前町…
  3. 【2020】2番牧草ロール収穫開始!活性誘導水の適量はどれぐらい…
  4. 【㈱フィードバンクの場合】活性誘導水+スコヤカBSによる発酵飼料…
  5. 活性誘導水を初めて試す場合のポイント【第162回】
  6. 【活性誘導水のより効果的な試し方】都市近郊型酪農でTMRの場合【…
  7. 【スコヤカシリーズF】育成牛・搾乳牛・感乳牛の発情・成長・健康【…
  8. 活性誘導水を飲水に添加する時の水の話【第165回】
PAGE TOP