使用方法

【抗酸化】2週間も放置?雨ざらしでも腐らない玄米とは【DNW344】

大本畜産さん(鳥取県琴浦町)

では、

牛の飼料として

「玄米」

与えていますが、
その、

「作り方」

というか、

「使用方法」

見たら、

あなたも、

多分..

「びっくりする」

と思います。

「何が?」

ってコトですけど..

水に浸した玄米を、

「2週間、
 外に放置」

「雨ざらし」

「雑菌入り放題」

それを、

「牛に食べさせてる」

そうなんです。

それって..

「腐ってるでしょ?」

「牛にやったら
 ヤバくない?」
 
「そもそも
 食べるの?」

頭の中が、

「?」

マークで、

イッパイに
なりそうですが、

「大本さんのお話」

聞いてみたら、

「ウチでも
 やってみようかな?」

そう、
思うかも知れません。

そのヒミツは、
やはり..

活性誘導水と
BSにありました。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 牧草収穫時に活性誘導水を添加するためのポンプセット【第185回】…
  2. 活性誘導水8つのお試し方法~初めて試される方へ【第129回】
  3. ニオイが減り乳房炎が減少するサイレージ?
  4. 活性誘導水サイレージ添加方法 ロールベーラ編
  5. 一番牧草収穫2020北海道・別海町&音更町【第145回】
  6. 【次のステップへ】活性誘導水で効果を感じられたら?【第130回】…
  7. 子牛がスクスク育つ活性誘導水とスコヤカ’Sの使い方
  8. 【活性誘導水のより効果的な試し方】都市近郊型酪農でTMRの場合【…
PAGE TOP