その他

MUN3.8でも牛は健康?【特集】酪農家・後藤忠雄-第1話-【DNW107】

今回から3回に渡って
山形県南陽市の後藤牧場さんの
特集をお送りします。

第1回目の今回は、
毎年見学者が多く訪れる
後藤牧場の秘密を伺いました。


「MUNが3.8」

世間ではMUNの数値が低いと
栄養失調や繁殖成績、乳量に悪影響が出ると
言われていますが後藤牧場のMUNは
周りの酪農家でも
ダントツの低さだといいます。


「ウォータップがピカピカ」

後藤牧場では、
酸化鉄や大腸菌が多く含まれ
「飲水には適さない」と
お墨付きをもらった井戸水を
使用していますが、
牛もウォーターカップもピカピカ。


後藤さんのお話を
聞いてみましょう。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【ビート生育調査比較4】干ばつ後の回復に活性誘導水の効果はみられ…
  2. なぜかガンベが消えた?デイリーネットワーク【第16回】
  3. 第34回 国際農業機械展in帯広に行ってきた!デイリーネットワー…
  4. 【2番草開封】【2番草開封】活性誘導水BS添加で冬でも凍りにくい…
  5. 電気代1日75円!簡易ばっ気装置
  6. 【一番牧草サイレージ】突然の雷雨でビシャビシャでも問題なし!牛も…
  7. いちばん売れているライナー(アメリカ・ミルクライト社)
  8. 【一番牧草収穫2021】牧草の切断長を倍にして収穫/The fi…

スポンサードリンク

PAGE TOP