その他

MUN3.8でも牛は健康?【特集】酪農家・後藤忠雄-第1話-【DNW107】

今回から3回に渡って
山形県南陽市の後藤牧場さんの
特集をお送りします。

第1回目の今回は、
毎年見学者が多く訪れる
後藤牧場の秘密を伺いました。


「MUNが3.8」

世間ではMUNの数値が低いと
栄養失調や繁殖成績、乳量に悪影響が出ると
言われていますが後藤牧場のMUNは
周りの酪農家でも
ダントツの低さだといいます。


「ウォータップがピカピカ」

後藤牧場では、
酸化鉄や大腸菌が多く含まれ
「飲水には適さない」と
お墨付きをもらった井戸水を
使用していますが、
牛もウォーターカップもピカピカ。


後藤さんのお話を
聞いてみましょう。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. Vink 蹄ケアスプレーマット
  2. 規模拡大は良い酪農経営?デイリーネットワーク【第20回】
  3. そこが知りたい!活性誘導水 デイリーネットワーク【第10回】
  4. 酪農のゴールはどこだ?デイリーネットワーク【第9回】
  5. 【台風・干ばつに強い】最強デントコーン用堆肥の作り方!【第213…
  6. 【驚きの分析数値】暑い夏でも食べるサイレージに!活性誘導水を散布…
  7. スマート農業の最先端!日本ニューホランド苫小牧デポにお邪魔しまし…
  8. 生乳をMMJに出荷したワケとは?

スポンサードリンク

PAGE TOP