デイリーネットワーク

MUN3.8でも牛は健康?【特集】酪農家・後藤忠雄-第1話-【DNW107】

今回から3回に渡って
山形県南陽市の後藤牧場さんの
特集をお送りします。

第1回目の今回は、
毎年見学者が多く訪れる
後藤牧場の秘密を伺いました。


「MUNが3.8」

世間ではMUNの数値が低いと
栄養失調や繁殖成績、乳量に悪影響が出ると
言われていますが後藤牧場のMUNは
周りの酪農家でも
ダントツの低さだといいます。


「ウォータップがピカピカ」

後藤牧場では、
酸化鉄や大腸菌が多く含まれ
「飲水には適さない」と
お墨付きをもらった井戸水を
使用していますが、
牛もウォーターカップもピカピカ。


後藤さんのお話を
聞いてみましょう。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 高水分・酪酸発酵なのに嗜好性抜群!【第178回】
  2. 【天候無関係】品質安定のサイレージ作りができるワケ?【DNW12…
  3. 活性誘導水を初めて使用する場合・費用対効果について
  4. -15度でも凍らない高水分の牧草ロール?!(第124回)
  5. 活性誘導水サイレージ添加方法 きざみ(細断)編
  6. 【実験】活性誘導水は野菜の成長に有効か?~玉ねぎ編~デイリーネッ…
  7. 【実践】牧草の食い込みをアップする方法!デイリーネットワーク【第…
  8. 3年で化学肥料をやめた牧場を視察! デイリーネットワーク【第89…

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP