その他

【和牛繁殖用牧草で実験】活性誘導水の添加あり・なしで出来具合を比較!~実験内容・作業風景【第201回】

北海道・足寄町で和牛繁殖と畑作をやっている
餌取(えとり)さんのご協力で、
実験をさせていただくことになりました。

実験の内容は、
和牛繁殖用の牧草ロールの出来具合を比較するものです。

まず、

  • 高水分の牧草ロール
  • 中水分の牧草ロール
  • 低水分の牧草ロール

を作り
それぞれに活性誘導水を

  • 添加したもの
  • 添加していないもの

を作って

  • ロールサイレージの出来はどうか?
  • 牛の嗜好性はどうか?

などを比較していきます。

今日はまず、
実験の内容と作業風景を ご紹介します。

ロールを開封して牛に食べさせるのは、
数カ月後の秋になりますので続きはまたその時に。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【倒れても起き上がる】無化学肥料デントコーンの特徴!活性誘導水を…
  2. 30年前から作業自動化!栃木県 和田牧場
  3. ふん尿が消えて子牛の背が伸びる?デイリーネットワーク【第11回】…
  4. タカキタ スノーブロワ SB2970EU
  5. 【ビートに効果はあったか?】育苗から収穫まで活性誘導水を使ってみ…
  6. 【2021一番牧草開封】ハーベスターの刃を抜いて切断長を長くした…
  7. そこが知りたい!活性誘導水 デイリーネットワーク【第10回】
  8. 【2020年】新年のご挨拶と抱負~デイリーネットワーク【DNW1…

スポンサードリンク

PAGE TOP