和牛繁殖

【和牛繁殖用牧草で実験】活性誘導水の添加あり・なしで出来具合を比較!~実験内容・作業風景【第201回】

北海道・足寄町で和牛繁殖と畑作をやっている
餌取(えとり)さんのご協力で、
実験をさせていただくことになりました。

実験の内容は、
和牛繁殖用の牧草ロールの出来具合を比較するものです。

まず、

  • 高水分の牧草ロール
  • 中水分の牧草ロール
  • 低水分の牧草ロール

を作り
それぞれに活性誘導水を

  • 添加したもの
  • 添加していないもの

を作って

  • ロールサイレージの出来はどうか?
  • 牛の嗜好性はどうか?

などを比較していきます。

今日はまず、
実験の内容と作業風景を ご紹介します。

ロールを開封して牛に食べさせるのは、
数カ月後の秋になりますので続きはまたその時に。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 活性誘導水でホールクロップの応急処置?【DNW352】
  2. 【活性誘導水+BS添加の本当の目的】人も牛も楽で楽しくを目指して…
  3. 【極寒-20℃】和牛を元気に育てる方法~北海道足寄町・餌取農場【…
  4. 【西表島・和牛繁殖】活性誘導水届いてます!【DNW331】
  5. 【新牛舎訪問】広くて明るいビニールシートの牛舎(長万部町・和牛繁…
  6. 【和牛繁殖の皆さんへ】お伝えしたい事があります~子牛の親付け~【…
  7. 【和牛】1番草チモシーロールより麦稈が好き?【第151回】
  8. 真冬でも元気な餌取牧場の子牛たち【DNW332】
PAGE TOP