その他

ハーベスターで刻んだ2番牧草を食べる餌に!活性誘導水の添加量とその効果とは?【第206回】

みなさん御存知の通り
ハーベスターで刻んだ2番草は
水分も多く酸化しやすいだけではなく
一般的に1番草に比べ牛の食いも悪いです。

「2番草ももっと食べてくれれば・・・」
とお悩みになったことはないでしょうか?

活性誘導水を使用されている多くの方は、
多少、水分が多くても、
また、最悪、雨に濡れても あまり心配はしません。

活性誘導水を添加することによって
多くの方がどのような”安心”を感じているのか?

ご興味のある方は是非、一度、
活性誘導水を使って体験してみて下さい。

今回は、
ハーベスターで刻んだ2番草への
活性誘導水の添加量について解説します。

※牧草を雨に濡らす事を推奨しているわけではありません。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 食レポあり【近日発売】酪農家が作った激旨ハンバーグ! 【DNW1…
  2. デイリーサポート別海
  3. 【台風・干ばつに強い】最強デントコーン用堆肥の作り方!【第213…
  4. 【活性誘導水の噴霧作業が半自動】アメリカ式散水機をスマホで操作!…
  5. 【玉ねぎ・ビート】活性誘導水を畑作で使う方法【DNW241】
  6. αリノレン虹の豚を育てる豚舎の環境とは?
  7. カウハッチが多い牧場に!移動式哺乳器アーバン社ミルクシャトル
  8. 【2021一番牧草開封】ハーベスターの刃を抜いて切断長を長くした…
PAGE TOP