その他

ハーベスターで刻んだ2番牧草を食べる餌に!活性誘導水の添加量とその効果とは?【第206回】

みなさん御存知の通り
ハーベスターで刻んだ2番草は
水分も多く酸化しやすいだけではなく
一般的に1番草に比べ牛の食いも悪いです。

「2番草ももっと食べてくれれば・・・」
とお悩みになったことはないでしょうか?

活性誘導水を使用されている多くの方は、
多少、水分が多くても、
また、最悪、雨に濡れても あまり心配はしません。

活性誘導水を添加することによって
多くの方がどのような”安心”を感じているのか?

ご興味のある方は是非、一度、
活性誘導水を使って体験してみて下さい。

今回は、
ハーベスターで刻んだ2番草への
活性誘導水の添加量について解説します。

※牧草を雨に濡らす事を推奨しているわけではありません。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【ビート生育調査比較3】除草剤2割減でも効果あり?中間報告3【第…
  2. 【ビート生育調査比較4】干ばつ後の回復に活性誘導水の効果はみられ…
  3. コレコレ!あると便利な輸入酪農資材4点ご紹介!デイリーネットワー…
  4. 【驚きの分析数値】暑い夏でも食べるサイレージに!活性誘導水を散布…
  5. マイペース酪農 三友盛行著
  6. 【2番草開封】【2番草開封】活性誘導水BS添加で冬でも凍りにくい…
  7. 2019年10%にアップ!知らなきゃ損する消費税の話!|デイリー…
  8. 乾乳期の牛にカルシウムは重要か?次世代酪農のパイオニア【中盤】デ…

スポンサードリンク

PAGE TOP