その他

ハーベスターで刻んだ2番牧草を食べる餌に!活性誘導水の添加量とその効果とは?【第206回】

みなさん御存知の通り
ハーベスターで刻んだ2番草は
水分も多く酸化しやすいだけではなく
一般的に1番草に比べ牛の食いも悪いです。

「2番草ももっと食べてくれれば・・・」
とお悩みになったことはないでしょうか?

活性誘導水を使用されている多くの方は、
多少、水分が多くても、
また、最悪、雨に濡れても あまり心配はしません。

活性誘導水を添加することによって
多くの方がどのような”安心”を感じているのか?

ご興味のある方は是非、一度、
活性誘導水を使って体験してみて下さい。

今回は、
ハーベスターで刻んだ2番草への
活性誘導水の添加量について解説します。

※牧草を雨に濡らす事を推奨しているわけではありません。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. その後ハイブリット酪農はどうしてる?(第127回)
  2. 【2020年】新年のご挨拶と抱負~デイリーネットワーク【DNW1…
  3. 食レポあり【近日発売】酪農家が作った激旨ハンバーグ! 【DNW1…
  4. 【2021年】謹賀新年!今年のテーマは?【第171回】
  5. 30年前から作業自動化?え~っ!こんな牧場見たことない!デイリー…
  6. 活性誘導水に出会って20年。今まで、そしてこれから
  7. 酪農家が経営!輸入酪農機械や器具が安く手に入る会社って?|デイリ…
  8. 浜頓別のTMRセンターみどりの開明へお邪魔しました!

スポンサードリンク

PAGE TOP