その他

【交雑種F1でA5 B.M.S11】活性誘導水の技術で飼料を改善!【DNW248】

先日、活性誘導水の製造元である
(株)チクテック(秋田県)の田口専務から
「餌の改良を行ったら牛肉のランクが上がった!」
連絡がありました。

※(株)チクテックでは実験のために
F1の肥育牧場をやっています。

田口専務によれば
F1は「A4」「A5」
ホルスタインでは「C5」

出るようになったそうです。

F1のA4、A5なんて
あまり聞いたこともなかったので
早速、仙台の生協「あいコープみやぎ」さんから
取り寄せて食べてみました。

一体どんな味なのか?
どんな特徴があるのか?

活性誘導水は、酪農でも野菜でも肉でも
【健康を基本】にしながら
美味しいものを育てる技術があります。

ご興味のある方は、 是非、ご連絡下さい。
ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 活性誘導水を与えたマウスのマイクロアレイ遺伝子発現機能解析を用い…
  2. チクテック主催 スコヤカミーティングin秋田県田沢湖2018開催…
  3. 【2021年一番牧草ロール開封】低・中・高水分で比較したけど、、…
  4. マイペース酪農 三友盛行著
  5. 【和牛繁殖用牧草で実験】活性誘導水の添加あり・なしで出来具合を比…
  6. より作業が楽になるタカキタベールフィーダと新型スノーブロワ|デイ…
  7. 第34回 国際農業機械展in帯広に行ってきた!デイリーネットワー…
  8. 放牧とロボット搾乳のハイブリット酪農!デイリーネットワーク【第3…

スポンサードリンク

PAGE TOP