その他

【交雑種F1でA5 B.M.S11】活性誘導水の技術で飼料を改善!【DNW248】

先日、活性誘導水の製造元である
(株)チクテック(秋田県)の田口専務から
「餌の改良を行ったら牛肉のランクが上がった!」
連絡がありました。

※(株)チクテックでは実験のために
F1の肥育牧場をやっています。

田口専務によれば
F1は「A4」「A5」
ホルスタインでは「C5」

出るようになったそうです。

F1のA4、A5なんて
あまり聞いたこともなかったので
早速、仙台の生協「あいコープみやぎ」さんから
取り寄せて食べてみました。

一体どんな味なのか?
どんな特徴があるのか?

活性誘導水は、酪農でも野菜でも肉でも
【健康を基本】にしながら
美味しいものを育てる技術があります。

ご興味のある方は、 是非、ご連絡下さい。
ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【一番牧草収穫2021】牧草の切断長を倍にして収穫/The fi…
  2. Urban Almapro/アーバン社自動哺乳器アルマプロ
  3. 牛を育てることは女性のDNAに組み込まれている|デイリーネットワ…
  4. 【畑作農家に聞いた】活性誘導水って薬害ないの?【第200回】
  5. 活性誘導水 驚きの特徴とは?
  6. 750mmラップフィルムも使用可に!タカキタ フルオートラップマ…
  7. 生乳をMMJに出荷したワケとは?
  8. 【祝1周年】新築ロボット牛舎の様子を見に行ってきました! 【DN…

スポンサードリンク

PAGE TOP