その他

【2021年一番牧草ロール開封】低・中・高水分で比較したけど、、、あれ?思わぬハプニングが!

北海道足寄町で和牛の繁殖と畑作を営まれている
餌取牧場さんに”実験”の結果を確かめに行きました。

実験の内容は、一番牧草ロールの比較です。

・低水分のロール
・中水分のロール
・高水分のロール

をそれぞれ作ってもらい、

活性誘導水を掛けたもの
活性誘導水を掛けていないもので

どういうサイレージに仕上がるかを
比較してみようという実験です。

さて開封してみたロールは、
活性誘導水のあり、なし、
水分量の違いでどのような出来になったのか?

また牛は喜んで食べてくれるのか?

今回は思わぬハプニングもありました。

ではご覧ください!

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 乾乳期の牛にカルシウムは重要か?次世代酪農のパイオニア【中盤】デ…
  2. 【和牛繁殖用牧草で実験】活性誘導水の添加あり・なしで出来具合を比…
  3. コレコレ!あると便利な輸入酪農資材4点ご紹介!デイリーネットワー…
  4. 2019西表島から謹賀新年!デイリーネットワーク【第67回】
  5. ミルクライト社 インパルスエアー
  6. 【実践】飲水で試す!ウォーターカップで牛に活性誘導水を飲ませる方…
  7. 【畑作農家に聞いた】活性誘導水って薬害ないの?【第200回】
  8. 【春に堆肥撒き?】なんで春一番に堆肥を撒くの?その理由と効果につ…

スポンサードリンク

PAGE TOP