その他

【驚きの分析数値】暑い夏でも食べるサイレージに!活性誘導水を散布した一番牧草を開封!【第209回】

いつも撮影にご協力いただいている
北海道音更町の平尾牧場さんにお邪魔しました。

目的は、活性誘導水を散布した
今年の一番牧草サイレージの確認です。

ここ数年、北海道の夏も本州並みに暑くなって来ており
今年は特に雨も少なく干ばつ気味でした。

そんな中、
一番牧草に活性誘導水を散布したサイレージが
どのような仕上がりになっているのか
見せてもらいに来ました。

【サイレージの分析表も見せてもらいました。そこには驚きの数値が!】

よく活性誘導水を使用しているみなさんから聞くのは、
牧草の収穫時に土が入ったり シートに穴が空いてカビが生えても
全体に広がることはなく
【牛が食べるサイレージができる】

そのサイレージを牛が食べても
【下痢などの疾病もほぼ起こらない】

雨や干ばつなど年々変化している天候にも 大きな影響を受けずらく
【安定したサイレージができる】
という事です。

今回も平尾さんでは、
活性誘導水の特徴がよく出ている
質の良いサイレージが出来ていました。

更にサイレージの分析表には
驚くような数値が並んでいましたので
是非、ご覧ください!

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【畑作農家に聞いた】活性誘導水って薬害ないの?【第200回】
  2. 乾乳期の牛にカルシウムは重要か?次世代酪農のパイオニア【中盤】デ…
  3. 牛が穏やかになったり毛艶が良くなるのはなぜ?デイリーネットワーク…
  4. マイペース酪農 三友盛行著
  5. αリノレン虹の豚を育てる豚舎の環境とは?
  6. 30年前から作業自動化!栃木県 和田牧場
  7. Vinkカウリフト
  8. タカキタ マニアスプレッダDL7000G

スポンサードリンク

PAGE TOP