その他

30年前から作業自動化?え~っ!こんな牧場見たことない!デイリーネットワーク【第7回】

昨今では離農や後継ぎがいないなのどの理由で
酪農人口がどんどん減ってきています。

 

農業業界全体の動きでは
就労人口減少の対策として
なんとか少人数でも作業でき
また就労者の負担を減らそうと
作業機器などのIT化が進んでいます。

 

農林水産省でも
「スマート農業」と銘打って
この問題に取り組んでいます。

 

そんな中
30年も前から設備を研究し
農作業の自動化を行っている
酪農家グループがいました。

 

今回、見ていただくのは
そんなグループの一員
栃木県那須塩原市の
和田牧場さんです。

 

「竪穴式サイロ」
「堆肥を自動で切り返すクレーン」など
予想もしなかった設備に驚きの連続でした。

 

ご興味のある方は
実際にご覧いただくことを
おすすめします。

 

 

★本日のトピックス

0:24 はた酪機械「タカキタ コンビラップマシーンVCW1620」
3:53 世界の酪農資材「Vinkスプレッダー」
6:32 ぶらり牧場探訪「30年前から作業自動化?え~っ!こんな牧場見たことない」

 

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【酪農家 平尾 進 特集1】活性誘導水に出会って経験した大きな変…
  2. 半自動化酪農システム!眞嶋牧場(栃木県那須塩原)
  3. 活性誘導水を与えたマウスのマイクロアレイ遺伝子発現機能解析を用い…
  4. αリノレン虹の豚を育てる豚舎の環境とは?
  5. 【製造作業の様子】活性誘導水+スコヤカBSによる発酵飼料の作り方…
  6. 【祝1周年】新築ロボット牛舎の様子を見に行ってきました! 【DN…
  7. そこが知りたい!活性誘導水 デイリーネットワーク【第10回】
  8. 【家庭菜園】活性誘導水と少しの手間でミミズがいっぱい棲む団粒構造…

スポンサードリンク

PAGE TOP