その他

【活性誘導水の噴霧作業が半自動】アメリカ式散水機をスマホで操作!人手不足解消になるか?【第212回】

「半自動で活性誘導水の噴霧作業ができる仕組みを試している」と
北海道斜里町の工藤牧場(ファーマーズマーケット)さんから
連絡を頂いたのでお伺いしました。

バンカーに牧草やデントコーンを詰める際に
活性誘導水を添加する事で
サイレージの品質が保持できるので
添加することをおすすめしています。

しかし、ここで問題となるのが
【添加する人】です。

刈った作物をダンプが運んでくる度に
噴霧器などを使って活性誘導水を手掛けするのですが、
朝から晩までずっと張り付いてなければならないので
【噴霧専門の人材】が必要です。

動画を見た方やすでに誘導水を使用されている牧場でも、

「活性誘導水を噴霧したら良いのはわかるけど、
 それだけに一人付けるのはね・・・」

という方が多いのが現状です。

そんな時、工藤さんはこの添加作業を
アメリカの庭用噴霧器とスマホ等を
組み合わせる事で半自動化する仕組みを思いつきました。

すでに数本のバンカーサイロで試しているので
仕組み的には上手くいっているようです。

誘導水添加してみたいけど、、、と思っていた方は
是非、参考にしてみて下さい。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【番外編】アーロンは何歳?
  2. 新築ロボット牛舎4ヵ月経過インタビュー(8月21日付)【第216…
  3. 1000頭規模のメガファーム!瀬戸内メイプルファーム株式会社
  4. コレコレ!あると便利な輸入酪農資材4点ご紹介!デイリーネットワー…
  5. タカキタ コンビレーキCT6400 可変径ロールベーラVC162…
  6. 次世代酪農のリーダー募集!デイリーネットワーク【第15回】
  7. タカキタ スノーブロワ SB2970EU
  8. 【ハーベスターに秘密】牛の嗜好性・反芻がアップする牧草サイレージ…
PAGE TOP