その他

バンカーサイロで良質のキザミサイレージを作る為の活性誘導水の添加方法【第198回】

牧草収穫する時に 活性誘導水を添加する方法は、
大きく2つあります。

ひとつは自走ハーベスターで刻んだり
ロールベーラーで牧草ロールを作る際に
機械にタンクを取り付けて
【収穫しながら添加する方法】と

バンカーサイロに詰める際に
【人力で手掛けする方法】です。

より品質の良いサイレージを作るには、
【人力で手掛けする方法】が確実です。

今回はバンカーサイロに詰め
人力で活性誘導水を手掛けする際の
設備や添加方法について解説します。

もし人手が確保できるなら
一度試して頂きたい方法です。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. より作業が楽になるタカキタベールフィーダと新型スノーブロワ|デイ…
  2. スマート農業!牧草ロール巻作業が全自動?デイリーネットワーク【第…
  3. 食レポあり【近日発売】酪農家が作った激旨ハンバーグ! 【DNW1…
  4. 【2020年】新年のご挨拶と抱負~デイリーネットワーク【DNW1…
  5. MUN3.8でも牛は健康?【特集】酪農家・後藤忠雄-第1話-【D…
  6. タカキタ スノーブロワ SB2970EU
  7. アーバン自動哺乳器アルマプロがスゴイ!【DNW第2回】
  8. その後ハイブリット酪農はどうしてる?(第127回)

スポンサードリンク

PAGE TOP