その他

バンカーサイロで良質のキザミサイレージを作る為の活性誘導水の添加方法【第198回】

牧草収穫する時に 活性誘導水を添加する方法は、
大きく2つあります。

ひとつは自走ハーベスターで刻んだり
ロールベーラーで牧草ロールを作る際に
機械にタンクを取り付けて
【収穫しながら添加する方法】と

バンカーサイロに詰める際に
【人力で手掛けする方法】です。

より品質の良いサイレージを作るには、
【人力で手掛けする方法】が確実です。

今回はバンカーサイロに詰め
人力で活性誘導水を手掛けする際の
設備や添加方法について解説します。

もし人手が確保できるなら
一度試して頂きたい方法です。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【倒れても起き上がる】無化学肥料デントコーンの特徴!活性誘導水を…
  2. 【公表!驚きの飼料分析結果】切断長を長くした一番牧草の飼料分析結…
  3. 【酪農家 平尾 進 特集1】活性誘導水に出会って経験した大きな変…
  4. 酪農家が経営!輸入酪農機械や器具が安く手に入る会社って?|デイリ…
  5. 30年前から作業自動化!栃木県 和田牧場
  6. 軽くて移動もラクラクなオープントップハッチ
  7. 2017タカキタ酪農塾in阿寒
  8. 乾乳期の牛にカルシウムは重要か?次世代酪農のパイオニア【中盤】デ…

スポンサードリンク

PAGE TOP