活性誘導水から始まる循環酪農

牛舎がクサイ?それは活性誘導水が切れたサイン

活性誘導水を牛の飲水でご利用の
北海道枝幸町歌登の今(こん)さん。

活性誘導水を牛の飲水に添加してすることで
ふん尿のニオイが少なくなるという効果を
多くの酪農家が実感しています。

今さんは草の時期など繁忙期になると
たまに活性誘導水を添加し忘れてしまうことが
あるようです。

なんだか牛舎がクサイなと思ったら
活性誘導水が切れているサイン。

乳検ではMUNが季節やエサに左右されず
低い数値をキープしているそうです。

その他にも活性誘導水の効果について
今さんが感じたことをお話してくれました。

では、今さんのお話を聞いてみましょう。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 2019道東の一番草収穫!出来は?デイリーネットワーク【第94回…
  2. 堆肥だけでデントコーンは伸びるか?デイリーネットワーク【第45回…
  3. 2018年1番草の出来は?パート1 デイリーネットワーク【第47…
  4. 【特集】酪農家・徳山彰-最終話-『夢は放牧で山地酪農のロボット搾…
  5. 茶畑のど真ん中で新規就農!デイリーネットワーク【第98回】
  6. 【道東】スラリーだけで大丈夫?化学肥料一切なしの牧草の成育(20…
  7. あと、ガンベがなくなりました
  8. 酪農やめようと思ったの・・・あれから2年【第64回】

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP