その他

酪農のゴールはどこだ?デイリーネットワーク【第9回】

活性誘導水を使いはじめて約半年が過ぎた愛知県豊川市の福井牧場さんを訪れました。

牛の健康と生産のバランスについてまた活性誘導水やスコヤカの効果的な使用方法についてお話しています。

 

ふん尿のでき次第で牛の健康状態が変わります。

 

良いふん尿を作るために活性誘導水がどのようなポジションにあるのか?

酪農のゴールは一体どこなのでしょう。

★本日のトピックス

  • 0:24 ぶらり牧場探訪「瀬戸内メイプルファーム」
  • 4:47 世界の酪農資材「タイヤスクレイパー」
  • 6:32 活性誘導水から始まる循環酪農「酪農のゴールはどこだ?愛知県豊川市 福井牧場」
ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 30年前から作業自動化?え~っ!こんな牧場見たことない!デイリー…
  2. 【和牛繁殖用牧草で実験】活性誘導水の添加あり・なしで出来具合を比…
  3. タカキタ コンビラップマシーンVCW1620
  4. アーバン自動哺乳器アルマプロがスゴイ!【DNW第2回】
  5. タカキタ 自走給餌車EF2040
  6. バンカーサイロで良質のキザミサイレージを作る為の活性誘導水の添加…
  7. 新築ロボット牛舎4ヵ月経過インタビュー(8月21日付)【第216…
  8. スマート農業の最先端!日本ニューホランド苫小牧デポにお邪魔しまし…

スポンサードリンク

PAGE TOP