その他

酪農のゴールはどこだ?デイリーネットワーク【第9回】

活性誘導水を使いはじめて約半年が過ぎた愛知県豊川市の福井牧場さんを訪れました。

牛の健康と生産のバランスについてまた活性誘導水やスコヤカの効果的な使用方法についてお話しています。

 

ふん尿のでき次第で牛の健康状態が変わります。

 

良いふん尿を作るために活性誘導水がどのようなポジションにあるのか?

酪農のゴールは一体どこなのでしょう。

★本日のトピックス

  • 0:24 ぶらり牧場探訪「瀬戸内メイプルファーム」
  • 4:47 世界の酪農資材「タイヤスクレイパー」
  • 6:32 活性誘導水から始まる循環酪農「酪農のゴールはどこだ?愛知県豊川市 福井牧場」
ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 活性誘導水を与えたマウスのマイクロアレイ遺伝子発現機能解析を用い…
  2. 【玉ねぎ・ビート】活性誘導水を畑作で使う方法【DNW241】
  3. 牧草ロール巻きが全自動!日本ニューホランド
  4. デイリーネットワーク【DNW第1回】
  5. 【ビート生育調査比較3】除草剤2割減でも効果あり?中間報告3【第…
  6. 【活性誘導水の噴霧作業が半自動】アメリカ式散水機をスマホで操作!…
  7. 【驚きの分析数値】暑い夏でも食べるサイレージに!活性誘導水を散布…
  8. 贈与税をぐっと減らす方法!知らなきゃ損する事業承継の話|デイリー…
PAGE TOP