インタビュー

乳量と健康と配合のバランス/デイリーネットワーク【第41回】

活性誘導水を使った循環楽農を極め
より良い楽農を目指す「十勝ミーティング」

前回に引き続き
第3弾をお送りします。

[前回の様子]【楽農への道】化学肥料をやめたらどうなる?

 

今回は、
牛の乳量と健康と配合飼料のバランス
についてお話しました。

 

牛は本来、草食動物ですので
人間が与えない限り
穀物は食べません。

 

しかし、
一般的に乳量を増やすために
穀物の多く入った配合飼料を
牛のエサとして食べさせています。

 

今回、問題にしているのは、
この配合飼料を与えることで
牛の健康にどのような
影響があるかということです。

 

乳量と健康のバランスを見直し
上手く配合を使っていきたいものです。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 活性誘導水 取扱関係者の本音deトークPart1|デイリーネット…
  2. 堆肥を宝に!ウンコが地球を救う?デイリーネットワーク【第53回】…
  3. 【堆肥は宝】全てが好循環!ただ心配なのは・・・岡山県蒜山・二若牧…
  4. 【数値的比較】飼料米はトウモロコシの代わりになるか?飼料米の利用…
  5. 次世代酪農のパイオニア【前半】デイリーネットワーク【第26回】
  6. TMRの配合を発酵飼料に変えてから1ヵ月後の変化は?【DNW28…
  7. 【誘導水+BS】禁断の使用方法でびっくりする数値が!熊本県湯前町…
  8. 粕類で発酵飼料を作りませんか?その良さと効果!デイリーネットワー…
PAGE TOP