インタビュー

乳量と健康と配合のバランス/デイリーネットワーク【第41回】

活性誘導水を使った循環楽農を極め
より良い楽農を目指す「十勝ミーティング」

前回に引き続き
第3弾をお送りします。

[前回の様子]【楽農への道】化学肥料をやめたらどうなる?

 

今回は、
牛の乳量と健康と配合飼料のバランス
についてお話しました。

 

牛は本来、草食動物ですので
人間が与えない限り
穀物は食べません。

 

しかし、
一般的に乳量を増やすために
穀物の多く入った配合飼料を
牛のエサとして食べさせています。

 

今回、問題にしているのは、
この配合飼料を与えることで
牛の健康にどのような
影響があるかということです。

 

乳量と健康のバランスを見直し
上手く配合を使っていきたいものです。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 無化学肥料でデントコーン栽培したらどうなった?デイリーネットワー…
  2. タカキタ ロールカッターRC1830
  3. 活性誘導水ってナンダ?inうたのぼり
  4. 【酪農の今と昔】牛を健康に飼うメリットとは?(第123)
  5. 【酪農経営が変わる】活性誘導水を使った酪農の目指すところ
  6. 【指導農業士が語る】理想の酪農の始め方(第125回)
  7. ふん尿を宝にすれば夢がもっと広がる!デイリーネットワーク【第30…
  8. 十勝のふん尿はどうして発酵しない?デイリーネットワーク【第36回…

スポンサードリンク

PAGE TOP