インタビュー

【堆肥は宝】全てが好循環!ただ心配なのは・・・岡山県蒜山・二若牧場【DNW327】

「臭くないのがいいよな~」としみじみ。

岡山県蒜山(ひるぜん)の
二若牧場さんにお邪魔しました。

二若さんも
以前から活性誘導水を
ジャージー牛の飲水や
牧草作りに活用して頂いています。

活性誘導水を使い始めてから
この5年間は共済廃用が1頭も出ないほど
牛も健康になり繁殖も良いそうです。

その他、
堆肥の様子や
150万円かけて作ったという
【液肥回収システム】も
見せていただきました。

全てが好循環な二若さんですが、
一つだけ心配なことがあるようです。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 牧場のニオイや牛の乳房炎に効果!ロスが減って一石二鳥!デイリーネ…
  2. 【3年振りの岡山県・徳山牧場】現在のバイオベッドの状況や問題点な…
  3. 【自家製発酵飼料】夏の種付けが9割超え?【DNW329】
  4. 【酪農経営が変わる】活性誘導水を使った酪農の目指すところ
  5. 活性誘導水で牛が病気にならない儲かる酪農経営を実現!
  6. あれから20年~活性誘導水の勉強に来た懐かしの牧場へ!デイリーネ…
  7. 活性誘導水ユーザー2018年まとめダイジェスト!デイリーネットワ…
  8. 私はこうして化学肥料をやめました!デイリーネットワーク【第70回…
PAGE TOP