インタビュー

【堆肥は宝】全てが好循環!ただ心配なのは・・・岡山県蒜山・二若牧場【DNW327】

「臭くないのがいいよな~」としみじみ。

岡山県蒜山(ひるぜん)の
二若牧場さんにお邪魔しました。

二若さんも
以前から活性誘導水を
ジャージー牛の飲水や
牧草作りに活用して頂いています。

活性誘導水を使い始めてから
この5年間は共済廃用が1頭も出ないほど
牛も健康になり繁殖も良いそうです。

その他、
堆肥の様子や
150万円かけて作ったという
【液肥回収システム】も
見せていただきました。

全てが好循環な二若さんですが、
一つだけ心配なことがあるようです。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 十勝のふん尿はどうして発酵しない?デイリーネットワーク【第36回…
  2. 活性誘導水ユーザー感謝祭in秋田県田沢湖【その2】デイリーネット…
  3. 【特集】酪農家・徳山 彰 – 第1話『仕事は1日3時…
  4. 牛乳を40キロ搾るには牛乳を搾らない?【特集】酪農家・福井邦仁-…
  5. 【ユーザー訪問】大分県の山羊牧場でも活性誘導水が使われていた!【…
  6. 活性誘導水ユーザー感謝祭in秋田県田沢湖【その1】デイリーネット…
  7. 新築牛舎見学!新型DeLaval搾乳ロボットがすごい!デイリーネ…
  8. 乳量と健康と配合のバランス/デイリーネットワーク【第41回】
PAGE TOP