インタビュー

【2024元旦】牧草と飼料米で牛を健康に【DNW327】

新年明けまして
おめでとうございます。

2024年もよろしく
お願い致します。

今回は、岡山県奈義町の
小林牧場さんにお邪魔しました。

小林さんでは20年ほど前から
化学肥料は一切使わずに
牧草を作っているそうです。

活性誘導水を使っている
牧場さんの中にも、
途中からそうされた方も
いらっしゃるのですが、
その分、堆肥をたくさん
撒いています。

ところが、
小林さんの場合は、
全部の畑に撒ける量の
半分ぐらいしか堆肥が無いので
1年おきに分けて
撒いているというのです。

そうなったら
牧草の収量に影響が
出てくると思うのですが…

その他、
使っている堆肥や
堆肥の撹拌発酵施設、
小林さんが
オペレーターをしている
稲刈りの機械なども
見せていただきました。

次回も小林牧場さんの
続きをお送りします。

お楽しみに!

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 十勝のふん尿はどうして発酵しない?デイリーネットワーク【第36回…
  2. 活性誘導水ってナンダ?inうたのぼり
  3. 【ユーザー訪問】大分県の山羊牧場でも活性誘導水が使われていた!【…
  4. 私はこうして化学肥料をやめました!デイリーネットワーク【第70回…
  5. 極寒-25℃!乳牛の糞尿は発酵するのか?【第177回】
  6. 【酪農経営が変わる】活性誘導水を使った酪農の目指すところ
  7. 菌を”金”に変える極意とは?【DNW113】
  8. 【和牛】 ダメだと思った子牛がA5ランクを獲った話【第155回】…
PAGE TOP