インタビュー

【2024元旦】牧草と飼料米で牛を健康に【DNW327】

新年明けまして
おめでとうございます。

2024年もよろしく
お願い致します。

今回は、岡山県奈義町の
小林牧場さんにお邪魔しました。

小林さんでは20年ほど前から
化学肥料は一切使わずに
牧草を作っているそうです。

活性誘導水を使っている
牧場さんの中にも、
途中からそうされた方も
いらっしゃるのですが、
その分、堆肥をたくさん
撒いています。

ところが、
小林さんの場合は、
全部の畑に撒ける量の
半分ぐらいしか堆肥が無いので
1年おきに分けて
撒いているというのです。

そうなったら
牧草の収量に影響が
出てくると思うのですが…

その他、
使っている堆肥や
堆肥の撹拌発酵施設、
小林さんが
オペレーターをしている
稲刈りの機械なども
見せていただきました。

次回も小林牧場さんの
続きをお送りします。

お楽しみに!

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【循環酪農】堆肥は宝物でしかない【第139回】
  2. 【自家製発酵飼料】夏の種付けが9割超え?【DNW329】
  3. 【堆肥は宝】全てが好循環!ただ心配なのは・・・岡山県蒜山・二若牧…
  4. 【まもなく春】誘導水を飲ませているスラリーは雪の下でも発酵!【D…
  5. 町の汚泥を全部引き受けて牛を飼う男!デイリーネットワーク【第18…
  6. 酪農やめようと思ったの・・・あれから2年【第64回】
  7. 北海道でバイオベッドを成功させるための2つのポイント【DNW22…
  8. 【酪農の今と昔】牛を健康に飼うメリットとは?(第123)
PAGE TOP