活性誘導水から始まる循環酪農

牛の頭数を減らしたら儲かってきた!そのワケとは?

「この年になってやっと酪農が面白くなってきた」

という
北海道・弟子屈町(てしかが)の岡部さん。

以前、
総収入が1億円を超えた時に嬉しさの反面、ふと疑問に思うことがあったそうです。

『果たして生産を伸ばすことがそんなに大事なことなのか?』

世間では、生産を伸ばして【もっと売上を上げろ!】と言われています。

岡部さんも、以前はそう思っていたそうです。

しかし、売上を上げるためには、

  • 乳をたくさん搾って【牛に負担をかける】
  • 牛の頭数を増やして【人に負担をかける】

ということになってしまいます。

本当にそれでいいのか・・・?

疑問に感じていた岡部さんは、ふとあることに気が付きます。

【・・・もっと減らせばいい】

それからというもの、
仕事に余裕ができ収入もどんどん増えて行ったそうです。

F1牛も釧路地区家畜市場の最高値を何度も取れるようになりました。

今年(2017/1/6)の初市場では北海道一になったそうです。

さて、岡部さんが気がついたことは何だったのでしょう?

また、酪農を次の世代に繋いでいくにはどうしたら良いのか?ということもお話していただきました。

岡部さんのインタビューを御覧ください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. ウンコは地球を救う2!やっぱり糞を宝にしなきゃ デイリーネットワ…
  2. 【酪農経営が変わる】活性誘導水を使った酪農の目指すところ
  3. 2018タカキタ酪農塾in阿寒|デイリーネットワーク【第66回】…
  4. 活性誘導水 取扱関係者の本音deトークPart2|デイリーネット…
  5. 牛の皮膚病ガンベが激減した商品とは?
  6. 「使った方が良い」というのが使った感想 ~デイリーネットワーク【…
  7. 水もしたたるウマいサイレージ?デイリーネットワーク【第78回】
  8. 堆肥だけでデントコーンは伸びるか?デイリーネットワーク【第45回…

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP