インタビュー

【自家製発酵飼料】夏の種付けが9割超え?【DNW329】

岡山県井原市美星町の
徳山牧場さんにお邪魔しました。

徳山さんでは、
発酵飼料を牛に与え始めて
3年目になります。

以前は、夏に1~2頭しか
種が止まらなかったのが、
発酵飼料を与えて始めて1年目に
14頭中、13頭止まったそうです。

共済の先生も驚かれていたようです。

最近では、
発酵飼料に使う玄米を
粉砕する機械も導入し
ますます発酵飼料作りに
励んでいます。

その、
種付け9割を叩き出す
発酵飼料のメニューとは
どんなものなのでしょう?

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【ユーザー訪問】大分県の山羊牧場でも活性誘導水が使われていた!【…
  2. 【2024元旦】牧草と飼料米で牛を健康に【DNW327】
  3. 【静岡特集】活性誘導水ユーザーの声【第140回】
  4. 【ユーザーインタビュー】雨当たりロール8日後に開封!1週間牛に食…
  5. 次世代酪農のパイオニア【前半】デイリーネットワーク【第26回】
  6. 一番簡単なのは堆肥にチカラを入れること!デイリーネットワーク【第…
  7. 3人の活性誘導水レジェンド(後編)デイリーネットワーク【第24回…
  8. 【3年振りの岡山県・徳山牧場】現在のバイオベッドの状況や問題点な…
PAGE TOP