インタビュー

次世代酪農のパイオニア【前半】デイリーネットワーク【第26回】

数年前から活性誘導水を使い
様々な試みを行っている
北海道・十勝地区の酪農家との
対談をお送りします。

 

今回はその【前半】です。

 

数年前までは、
ふん尿の臭気、牛の病気、経営など
様々な問題を抱えていた彼らが
活性誘導水を使うことで
どの様な変化を体験したのかを
語ってくれました。

 

今まで信じてきた
近代酪農の常識が実は非常識だったことに
身をもって気づいた瞬間があったようです。

 

『自然を先生にする』ということ。

『牛は本来、草食動物』ということに改めて目を向けること。

 

そうすればあなたの牧場は
もっと良くなるはずです。

 

彼らが次世代酪農のパイオニア(先駆者)として
大いに活躍してくれることを切に願います。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 飼料米の発酵飼料を数ヵ月使ったら乳量や経営はどうなった?
  2. 【ユーザーインタビュー】雨当たりロール8日後に開封!1週間牛に食…
  3. 活性誘導水 取扱関係者の本音deトークPart2|デイリーネット…
  4. 牛の頭数を減らしたら儲かってきた!そのワケとは?
  5. 【和牛】 ダメだと思った子牛がA5ランクを獲った話【第155回】…
  6. 【静岡特集】活性誘導水ユーザーの声【第140回】
  7. 酪農家の疑問を酪農家が解決するミーティング【前半】デイリーネット…
  8. 【数値的比較】飼料米はトウモロコシの代わりになるか?飼料米の利用…

スポンサードリンク

PAGE TOP