インタビュー

町の汚泥を全部引き受けて牛を飼う男!デイリーネットワーク【第18回】

北海道標津町の酪農家・小田原重信さん(77)は
10年以上前から町の終末処理場の汚泥を全量引き受けて
堆肥を作り牛を飼っています。

汚泥堆肥を作ることで
化学肥料のコストカット以外にも
多くのメリットを享受できたと
小田原さんは言います。

酪農家が基本的に頭に入れて
おかなければならないことは何なのか

人間としてどう酪農に向き合っていくべきなのか

年輪を重ねた酪農家の声をお聞きください。

★株式会社チクテック主催
「スコヤカミーティングin田沢湖2018」開催

活性誘導水をすでにご利用されている方、
もしくはご興味のある
酪農、畜産、畑作に従事されている個人、
法人のご参加をお待ちしております。

開催日時/2018年4月6日(金)10:00受付)
開催場所/秋田県田沢湖 駒ケ岳グランドホテル

詳細・お申込みはこちらのページをご覧ください!
https://newage.co.jp/meeting2018/

★PRしたい人募集してます!

人材募集や機器の宣伝、自慢話など
デイリーネットワークの中で期間中無料で
掲載させていただきます。

可能であればインタビューして
動画で掲載することもできます。

お気軽にお知らせください!

活性誘導水と
PR広告掲載ご希望の方は
こちらのページをご覧ください。
https://newage-tv.net/ad_recruitment/

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 最近、活性誘導水を使い始めたお客様の声
  2. 【パート1】長崎県五島列島から久賀島のすばらしき三人衆~松本牧場…
  3. 「活性誘導水を販売したい!」きっかけは熱い酪農ヘルパー!【DNW…
  4. 【自家製発酵飼料】夏の種付けが9割超え?【DNW329】
  5. 今までのサイレージ作りとは正反対!活性誘導水説明会in太陽ふぁー…
  6. 【1年振り】山羊牧場に大きな変化が!【DNW341】
  7. ウンコは地球を救う2!やっぱり糞を宝にしなきゃ デイリーネットワ…
  8. 【数値的比較】飼料米はトウモロコシの代わりになるか?飼料米の利用…
PAGE TOP