インタビュー

新築ロボット牛舎になって良かった事は?将来の目標について【DNW228】

今回は先週お届けした
北海道中標津町のGOOD FARMさんの
牧場主・佐藤さんのインタビューです。

昨年5月に新築牛舎を稼働させ
8ヵ月ほど経った現在、
以前と大きく環境が変わった中で
牛や仕事に何か影響があったか
聞いてみました。

将来的にはA2牛乳の生産や
オリジナルブランドも
視野に入れているという佐藤さん。

そのためにも
牛乳の品質を良くするために
こだわっている事や
毎日欠かさずやっている事があります。

また佐藤さんは、
活性誘導水を3年ほどお使いいただいていますが
活性誘導水を飲ませた牛と
飲ませていない牛の牛乳には、
明らかな違いがあるという事で
使い続けていらっしゃるそうです。

どんな違いだったのでしょうか?

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 活性誘導水 取扱関係者の本音deトークPart1|デイリーネット…
  2. 牛の頭数を減らしたら儲かってきた!そのワケとは?
  3. 【新牛舎訪問】広くて明るいビニールシートの牛舎(長万部町・和牛繁…
  4. 無化学肥料でデントコーン栽培したらどうなった?デイリーネットワー…
  5. 【静岡特集】活性誘導水ユーザーの声【第140回】
  6. 【酪農経営が変わる】活性誘導水を使った酪農の目指すところ
  7. 【数値的比較】飼料米はトウモロコシの代わりになるか?飼料米の利用…
  8. 3人の活性誘導水レジェンド(後編)デイリーネットワーク【第24回…

スポンサードリンク

PAGE TOP