インタビュー

新築ロボット牛舎になって良かった事は?将来の目標について【DNW228】

今回は先週お届けした
北海道中標津町のGOOD FARMさんの
牧場主・佐藤さんのインタビューです。

昨年5月に新築牛舎を稼働させ
8ヵ月ほど経った現在、
以前と大きく環境が変わった中で
牛や仕事に何か影響があったか
聞いてみました。

将来的にはA2牛乳の生産や
オリジナルブランドも
視野に入れているという佐藤さん。

そのためにも
牛乳の品質を良くするために
こだわっている事や
毎日欠かさずやっている事があります。

また佐藤さんは、
活性誘導水を3年ほどお使いいただいていますが
活性誘導水を飲ませた牛と
飲ませていない牛の牛乳には、
明らかな違いがあるという事で
使い続けていらっしゃるそうです。

どんな違いだったのでしょうか?

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 飼料米の発酵飼料を数ヵ月使ったら乳量や経営はどうなった?
  2. 今までのサイレージ作りとは正反対!活性誘導水説明会in太陽ふぁー…
  3. ウンコは地球を救う2!やっぱり糞を宝にしなきゃ デイリーネットワ…
  4. 【ユーザー訪問】大分県の山羊牧場でも活性誘導水が使われていた!【…
  5. 【和牛】 ダメだと思った子牛がA5ランクを獲った話【第155回】…
  6. 【新牛舎訪問】広くて明るいビニールシートの牛舎(長万部町・和牛繁…
  7. 【楽農への道】化学肥料をやめたらどうなる?デイリーネットワーク【…
  8. 【天候無関係】品質安定のサイレージ作りができるワケ?【DNW12…

スポンサードリンク

PAGE TOP