牧草サイレージ

【水がしたたるロール】氷点下でもなぜ凍らない?【DNW229】

昨年、ハーベスターの刃を抜いて
牧草の細断長を長くした
北海道中標津町の牧場からお届けします。

今回は、
極寒の北海道で外に置きっぱなしの
細断型ロールが凍っているのか
比較検証に来ました。

比較条件は、
両方とも二番草で

  1. ハーベスターで牧草を収穫する時に 「活性誘導水+スコヤカシリーズBS」を添加している。
  2. 細断型ロールにする際にもう一度 「活性誘導水+スコヤカシリーズBS」を添加している。

・・・で、
違いは、【高水分】か【低水分】かという事だけです。

水分が多く含まれていて マイナス気温の中に数日放置されていれば
普通はガンガンに凍っていると思われますが、
普通じゃないのが活性誘導水です。

今回はもうひとつ、
細断型ロールにする際に 途中で
「活性誘導水+スコヤカシリーズBS」
が切れてしまって
添加できなかったものも開封してみました。

どんな結果になっているかご覧ください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【2022初めての活性誘導水+BS添加】雨当たり高水分牧草のロー…
  2. 刈り遅れでも水分が多くても牛がよく食べるサイレージ!デイリーネッ…
  3. 一番牧草に初めて活性誘導水を添加したらどうなった?【第146回】…
  4. 雨に当たった1番牧草ロールの出来は?【第152回】
  5. 美味しい一番草・デントコーンサイレージが出来ましたand 子牛が…
  6. 【驚きの結果】牧草サイレージの食い込みを”もっと”上げる方法【D…
  7. 2022年の活性誘導水+BS添加のきざみサイレージの出来を3軒の…
  8. 【サイレージ分析結果】鶴居VS中標津!刈り取り日が同じなのに?!…
PAGE TOP