牧草サイレージ

今まで逆のことをやってきていた!デイリーネットワーク【第73回】

宮崎県小林市の川野畜産さんに
訪問しました。

代表の川野直人さんは、
1年ほど前にyoutubeで活性誘導水を
見つけ”これは面白そうだな”
と感じたそうです。

そこで、
牧草ロールに活性誘導水を
添加することから始めました。

数ヵ月程経ってロールを
開けてみたところ
濡れていたはずの牧草の水分が
随分抜けていた事に
驚いたようです。

今回は、
活性誘導水の製造元
(株)チクテックの田口社長も
一緒にお邪魔し

水の重要性、
菌や牧草の話などを
させていただきました。

勉強熱心な川野さんとのお話は
中々尽きることがなく
きっと良い結果が出るだろうと
感じた牧場訪問でした。

そのうち、また、
お邪魔できたらと思います。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. -15度でも凍らない高水分の牧草ロール?!(第124回)
  2. 【サイレージ分析結果】鶴居VS中標津!刈り取り日が同じなのに?!…
  3. 【それから1ヵ月】ロールしてから8日目で開封!牛たちの様子は?【…
  4. 高水分のホールクロップも活性誘導水でパサパサに
  5. 一番牧草サイレージ&無化学肥料・完全不耕起栽培デントコーンの出来…
  6. 糞尿を発酵させるために重要な事とは?【第174回】
  7. 【2022一番牧草開封】うまいサイレージは見た目から違う!掃除し…
  8. 牧草サイレージが牛の健康と経営を左右する【DNW285】
PAGE TOP