インタビュー

無化学肥料でデントコーン栽培したらどうなった?デイリーネットワーク【第72回】

3年前から活性誘導水を使い始めた
北海道音更町の平尾進さん。

昨年(2018)無化学肥料で
デントコーン栽培に挑戦した
お話を収録しました。

これは、
2018年11月6日に開催された
「タカキタ酪農塾in阿寒」での発表です。

平尾さんは、
活性誘導水を使い始めてから
サイレージや牛の状態の変化など
様々な体験をしています。

3年前、台風で川が氾濫して
水没してしまったというサイレージを
取材させてもらったことがありましたが
その状態に大変驚いたものです。

その時の様子(2017年5月)
https://newage.co.jp/hirao-farm/

活性誘導水を使って2年目の2017年、
デントコーンがかつてないほど成長し
最高の収量を記録したことから

2018年、一部試験区を作り
無化学肥料でのデントコーン栽培に
チャレンジしてみたということでした。

さて、
従来の化学肥料を使ったデントコーンと
無化学肥料のデントコーン。

どんな違いがあったのでしょうか?

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【和牛】 ダメだと思った子牛がA5ランクを獲った話【第155回】…
  2. 【数値的比較】飼料米はトウモロコシの代わりになるか?飼料米の利用…
  3. 【酪農の今と昔】牛を健康に飼うメリットとは?(第123)
  4. 3人の活性誘導水レジェンド(後編)デイリーネットワーク【第24回…
  5. コレは乳量◯◯キロのメニューじゃない!【DNW328】
  6. 牛の頭数を減らしたら儲かってきた!そのワケとは?
  7. 乳量と健康と配合のバランス/デイリーネットワーク【第41回】
  8. もう酪農やめようと思ってたのオレ
PAGE TOP