デイリーネットワーク

無化学肥料でデントコーン栽培したらどうなった?デイリーネットワーク【第72回】

3年前から活性誘導水を使い始めた
北海道音更町の平尾進さん。

昨年(2018)無化学肥料で
デントコーン栽培に挑戦した
お話を収録しました。

これは、
2018年11月6日に開催された
「タカキタ酪農塾in阿寒」での発表です。

平尾さんは、
活性誘導水を使い始めてから
サイレージや牛の状態の変化など
様々な体験をしています。

3年前、台風で川が氾濫して
水没してしまったというサイレージを
取材させてもらったことがありましたが
その状態に大変驚いたものです。

その時の様子(2017年5月)
https://newage.co.jp/hirao-farm/

活性誘導水を使って2年目の2017年、
デントコーンがかつてないほど成長し
最高の収量を記録したことから

2018年、一部試験区を作り
無化学肥料でのデントコーン栽培に
チャレンジしてみたということでした。

さて、
従来の化学肥料を使ったデントコーンと
無化学肥料のデントコーン。

どんな違いがあったのでしょうか?

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 次世代酪農のパイオニア【前半】デイリーネットワーク【第26回】
  2. 活性誘導水サイレージ添加方法 きざみ(細断)編
  3. 3年で化学肥料をやめた牧場を視察! デイリーネットワーク【第89…
  4. 水分84%の草でも乳量・乳成分が安定?!
  5. 【道東】スラリーだけでどれだけ伸びた?化学肥料一切なしの牧草の成…
  6. たった1年で気持ち悪いぐらいミミズがいる堆肥ができた!
  7. 活性誘導水をウォーターカップで簡単に牛に飲ませる方法
  8. 高水分のホールクロップも活性誘導水でパサパサに

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP