デイリーネットワーク

アニマルウェルフェアを取得したちょっと意外な目的とは?デイリーネットワーク【第74回】

北海道士幌町で
乳用牛の育成預託を行っている
遠藤牧場さんのインタビューを
お届けします。

専務の遠藤洸介さんが
【アニマルウェルフェア】という認証を
取得したという事で
どういったものなのか
お話を伺いに行って来ました。

アニマルウェルフェアとは、
日本ではまだまだ新しい認証制度で
「動物福祉」や「家畜福祉」と
訳されています。

家畜を快適な環境で飼養し
痛みやストレスを減らすことで
生産性の向上や
安全な畜産物の生産にもつながることを
目的とした認証制度です。

遠藤牧場さんには、
何度かお邪魔していますが、
アニマルウェルフェアを取得する前から
牛たちが快適に暮らせる様
”牛ファースト”の
素晴らしい牛舎施設があります。

どれだけ牛を大切にしているかというお話は、
代表でもあるお母さんの遠藤裕子さんの
インタビューを御覧いただくと
よくわかります。

https://newage-tv.net/dnw056/

さて、今回、遠藤さんが、
アニマルウェルフェアを取得したのには
ちょっと意外な目的があったようです。

しかし、お話を聞いていて
さすが勉強熱心な遠藤さんらしいと
感じました。

遠藤さんの目的とは、
何だったのでしょうか?

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 活性誘導水だけでは堆肥は発酵しない!
  2. カビたサイレージでも食い込み抜群?!さらに乳房炎なし!
  3. 【酪農経営が変わる】活性誘導水を使った酪農の目指すところ
  4. 町の汚泥を全部引き受けて牛を飼う男!デイリーネットワーク【第18…
  5. 2017タカキタ酪農塾in阿寒
  6. 活性誘導水で牛や牧場はどうなった?デイリーネットワーク【第50回…
  7. 牛は家族!人を頼むぐらいなら農家やめちゃう!
  8. 2018タカキタ酪農塾in阿寒|デイリーネットワーク【第66回】…

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP