活性誘導水から始まる循環酪農

台風でサイレージが水没!もうダメかと思った

2016年8月に十勝地方を襲った台風で
川が氾濫し大きな被害を受けた
北海道音更町の平尾さん。

サイレージが水没し
もうだめだと思っていたようです。

しかし、
もしかしたらということで
活性誘導水を川の水に水没した
サイレージにかけてみたそうです。

その後、半年たった
サイレージはどうなったのか
見せていただきました。

他の酪農家さんも言っていましたが、
水分の多い草に更に水(活性誘導水)
かけているのに
どうしてこんな事が起きるのでしょう?

驚きのインタビューをごらんください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 嗜好性バツグンの牧草で乳量50キロ?
  2. 活性誘導水で牛や牧場はどうなった?デイリーネットワーク【第50回…
  3. カビたサイレージでも食い込み抜群?!さらに乳房炎なし!
  4. 今までのサイレージ作りとは正反対!活性誘導水説明会in太陽ふぁー…
  5. 牛舎がクサイ?それは活性誘導水が切れたサイン
  6. なぜ活性誘導水は作られたのか?デイリーネットワーク【第29回】
  7. 牛が穏やかになる!毛艶が良くなる!
  8. デントコーンを止めたら堆肥がモクモク発酵するようになった?

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP