活性誘導水から始まる循環酪農

高水分のホールクロップも活性誘導水でパサパサに

活性誘導水を使い始めて

15年以上の大ベテラン。

秋田県由利本荘市で

黒毛和牛を育成している

佐々木さんにインタビューしました。

秋田県では、牛のエサとして

牧草の他に

稲を使ったホールクロップサイレージを

牛に与えています。

北海道では高水分の牧草に

活性誘導水をかけても

美味しいサイレージができるのですが、

ホールクロップの場合はどうなんでしょう?

  • 臭いは?
  • 牛は食べるの?

さて、

佐々木さんのお話を

聞いてみましょう!

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. え?これ一番草?!
  2. デントコーンをやめてデンプン粕に切替えたらどうなった?
  3. 牛の頭数を減らしたら儲かってきた!そのワケとは?
  4. 活性誘導水 取扱関係者の本音deトークPart2|デイリーネット…
  5. 活性誘導水で牛や牧場はどうなった?デイリーネットワーク【第50回…
  6. 最近、活性誘導水を使い始めたお客様の声
  7. 活性誘導水をサイレージなどエサ(TMR)に試す方法
  8. 活性誘導水で牛が病気にならない儲かる酪農経営を実現!

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP