牧草サイレージ

刈り遅れサイレージでも食べてくれるのでありがたい!デイリーネットワーク【第79回】

前回に引き続き、
昨年(2018年)活性誘導水を牧草に
添加していただいた牧場を訪問して、

どんなサイレージができているか
見せていただきました。

今回は、

・北海道上士幌町の矢戸牧場さん
・北海道士幌町の石垣牧場さん
・北海道清水町のT牧場さん

です。

昨年は、
適期に天候が悪かったお蔭で
牧草の収穫時期が遅くなり

1番草も2番草も
刈り遅れになってしまった方が
多かったようです。

今回まわった牧場も
刈り遅れは免れなかったようでした。

ただ、
活性誘導水を添加した牧草は、
モリモリとまでは行かなくても
ある程度は食べてくれる物に仕上がります。

ご経験のある方なら、
草の色や状態を見ただけで
「これは食べる!」と
思っていただけるのではないでしょうか。

では、
どんなサイレージになっているか
ご覧になってみてください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 高水分のサイレージがマイナス10℃でも凍らないワケとは?
  2. 高水分のホールクロップも活性誘導水でパサパサに
  3. 2020一番牧草サイレージ開封作業!美味しく出来た?【第161回…
  4. 活性誘導水を刻みサイレージに添加する最大の特徴とは?【第168回…
  5. 雨に濡れたのに乾草?!デイリーネットワーク【第65回】
  6. 【1年経ってもこの色】活性誘導水を添加した牧草サイレージの特徴と…
  7. 1番牧草キザミを33日で開封して牛に食べさせてみた【第149回】…
  8. 今まで逆のことをやってきていた!デイリーネットワーク【第73回】…

スポンサードリンク

PAGE TOP