活性誘導水から始まる循環酪農

活性誘導水のお陰でいいことばっかり!

秋田県由利本荘市で

夏場は稲作、

冬場は黒毛和牛を育成している

畑山さんにインタビューしました。

活性誘導水を使う10年以上前は、

子牛の販売金額も良くなく

1頭35万円程度だったそうです。

しかし、

活性誘導水を使い始めてから、

現在では2倍以上の

平均86万円になったそうです。

その他にも

・作業効率がいい

・良い牧草が採れる

・機械が壊れない

と畑山さんは

活性誘導水の効果を

実感しているようです。

また、

奥さんにも「クサイ!」と

言われなくなったのも

良かったようです。

いつもニコニコの

畑山さんのお話を

聞いてみてください!

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 酪農家の疑問を酪農家が解決するミーティング【前半】デイリーネット…
  2. 【酪農経営が変わる】活性誘導水を使った酪農の目指すところ
  3. 雪解けの牧草地が青々しているワケとは? デイリーネットワーク【第…
  4. 活性誘導水をTMRミキサーで使用する方法!2週間使ってみた感想は…
  5. 徳山牧場(岡山県美星町)驚きの変化とは?
  6. 酪農のゴールはどこ?福井牧場(愛知県豊川市)
  7. きっかけは 抗酸化サイレージ という聞きなれない単語?!
  8. 活性誘導水で牛や牧場はどうなった?デイリーネットワーク【第50回…

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP