デイリーネットワーク

牛をもっと健康に飼わなければダメだと思った!

酪農経営を考える上で
やはり牛自体を
健康に飼わなければならないと気づいた
岩手県一関市の遠藤さん。

その頃は、
周産期病や乳房炎にも
悩んでいたようです。

牛をもっと健康に飼うためには
どうしたらいいかと
インターネットで調べていた時に
「活性誘導水」の情報を知りました。

早速、製造元のチクテックに電話して
話を聞いて利用することにしました。

これは、
使いはじめて2ヵ月目のインタビューです。

遠藤牧場では、どんな変化が起ったのでしょう?

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 高水分のサイレージがマイナス10℃でも凍らないワケとは?
  2. あれから20年~活性誘導水の勉強に来た懐かしの牧場へ!デイリーネ…
  3. 3年で化学肥料をやめた牧場を視察! デイリーネットワーク【第89…
  4. 【楽農への道】化学肥料をやめたらどうなる?デイリーネットワーク【…
  5. 生乳をMMJに出荷したワケとは?
  6. 化学肥料をやめた牧場って何やってる?デイリーネットワーク【第51…
  7. 贈与税をぐっと減らす方法!知らなきゃ損する事業承継の話|デイリー…
  8. 活性誘導水をサイレージなどエサ(TMR)に試す方法

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP