飲水・TMR

牛をもっと健康に飼わなければダメだと思った!

酪農経営を考える上で
やはり牛自体を
健康に飼わなければならないと気づいた
岩手県一関市の遠藤さん。

その頃は、
周産期病や乳房炎にも
悩んでいたようです。

牛をもっと健康に飼うためには
どうしたらいいかと
インターネットで調べていた時に
「活性誘導水」の情報を知りました。

早速、製造元のチクテックに電話して
話を聞いて利用することにしました。

これは、
使いはじめて2ヵ月目のインタビューです。

遠藤牧場では、どんな変化が起ったのでしょう?

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 酪農のゴールはどこ?福井牧場(愛知県豊川市)
  2. バキバキの乾草を牛がモリモリ食べる方法?デイリーネットワーク【第…
  3. 牛が自分で食事を作る奇妙な現象とは?【第134回】
  4. サシが入らない健康な和牛づくり【西表島】デイリーネットワーク【第…
  5. 徳山牧場(岡山県美星町)驚きの変化とは?
  6. 【活性誘導水 使用3ヵ月】こんなに効果があるとは!
  7. 暇になる酪農とは?デイリーネットワーク【第69回】
  8. みるみる乳量が増えて乳房炎がなくなった?

スポンサードリンク

PAGE TOP