活性誘導水から始まる循環酪農

きっかけは 抗酸化サイレージ という聞きなれない単語?!

インターネットで調べ物をしていて
偶然「活性誘導水」のブログ記事を見つけた
北海道・長万部の笠原さん。

その記事の中に
「抗酸化サイレージ」という
聞きなれない単語を見つけ
とても興味がわいたそうです。

放牧をやっている笠原さんは
牛にとっては「青草が一番いい」
思っていましたので
保存食のイメージが強い
サイレージには少し疑問があったようです。

しかし、
そのブログ記事の中で紹介されていた
活性誘導水を使ったサイレージづくりに
大きな可能性を感じた笠原さんは、
そのブログの筆者、広尾町の鈴木牧場まで
話を聞きに行ったそうです。

すぐに、活性誘導水を取り寄せ
牛の飲水に使いはじめました。

使いはじめて2ヵ月。

笠原牧場では、
どんな変化が起きたのでしょうか?

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 水分84%の草でも乳量・乳成分が安定?!
  2. 【酪農経営が変わる】活性誘導水を使った酪農の目指すところ
  3. 2017タカキタ酪農塾in阿寒
  4. 活性誘導水ユーザー2018年まとめダイジェスト!デイリーネットワ…
  5. 【特集】酪農家・徳山彰-最終話-『夢は放牧で山地酪農のロボット搾…
  6. 高水分のサイレージがマイナス10℃でも凍らないワケとは?
  7. 【特集】酪農家・徳山 彰 – 第1話『仕事は1日3時…
  8. 劇的に牛の食い込みが上がる活性誘導水の正しい使い方【ロールベーラ…

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP