飲水・TMR

結局、肥料じゃない!デイリーネットワーク【第57回】

今回は和牛の繁殖とビートや麦、豆類等の畑作を行っている
北海道足寄町、餌取牧場さんのインタビューです。

 

1年ほど前から牛や牧草には
活性誘導水を使用していますが、
初めて畑にも活性誘導水
使ったということで、
お話を伺いに来ました。

 

牛の方では、
他の酪農家の方が言っているように
牛舎のニオイや成長に効果が
見られたということでしたが
畑ではどうだったのでしょうか?

 

今回は活性誘導水を使用するにあたり
肥料や除草剤の料を減らしてみたそうです。

 

さて、どのような結果が見られたのか
餌取さんのお話を聞いてみましょう。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 牛舎がクサイ?それは活性誘導水が切れたサイン
  2. 良い水・良い餌が結果的に利益を向上させる! 【DNW120】
  3. 徳山牧場(岡山県美星町)驚きの変化とは?
  4. バキバキの乾草を牛がモリモリ食べる方法?デイリーネットワーク【第…
  5. 今まで信じてきたものがまるっきり裏返された!【DNW118】
  6. 【数値的比較】飼料米はトウモロコシの代わりになるか?飼料米の利用…
  7. 活性誘導水とBSでTMRの熱発を防ぐ方法【DNW246】
  8. やってダメならやめればいい話(新潟県・坂井牧場)【DNW116】…
PAGE TOP