牧草サイレージ

刈り遅れでも水分が多くても牛がよく食べるサイレージ!デイリーネットワーク【第77回】

「酪農家による酪農家の為の輸入会社」でお馴染みの
北海道斜里町(しゃりちょう)
(有)ファーマーズマーケットさんにお邪魔しました。

今回は、
「サイドシューター」という機械の紹介と

昨年、活性誘導水を1番草、2番草に
添加していただいたので
その出来についてインタビューしています。

「サイドシューター」(アメリカMENSCH社)は、
バケットタイプ側面おがくずシューターで、
フリーストールの中に敷料などを撒く際に
ローダーに取り付けて使用できます。

現在、在庫が2台あるそうなので、
気になった方はお早めにご連絡下さい。

(有)ファーマーズマーケット
 電話 0152-23-1719

サイレージづくりで、一番大切なのは、
牛が喜んで食べてくれるかということです。

昨年のように長雨が続いた年のサイレージの、
出来については、頭を悩ませている方も
多いかと思います。

もちろん嗜好性についてもです。

そんな中、
活性誘導水を添加している牧場では、
水分が多い方が、
”よく食べるサイレージに仕上がる”
という声を良く聞きます。

初めて使用する方は、
ほとんど信じていませんが、
その結果には驚かれます。

ファーマーズマーケットさんでも
昨年初めて1番草、2番草に
活性誘導水を添加していただきました。

その結果はどうだったでしょう?

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 高水分・酪酸発酵なのに嗜好性抜群!【第178回】
  2. 3日で乳量がアップしたキザミサイレージの実態【DNW315】
  3. 【驚きの結果】牧草サイレージの食い込みを”もっと”上げる方法【D…
  4. 【最高のサイレージを】今年こそ刈り遅れない為には?【DNW339…
  5. 【ユーザーインタビュー】雨当たりロール8日後に開封!1週間牛に食…
  6. 強みは全天候型サイレージが作れること!デイリーネットワーク【第8…
  7. 牧草サイレージが牛の健康と経営を左右する【DNW285】
  8. 【水がしたたるロール】氷点下でもなぜ凍らない?【DNW229】
PAGE TOP