活性誘導水から始まる循環酪農

まさに抗酸化作用!高水分でもロールサイレージが臭くならない?!

2016年。

今年、初めて「活性誘導水」をロールサイレージにかけてみた、北海道枝幸町歌登(うたのぼり)の菅原さん。

草を刈ったのが9月の初旬。

ちょうど、菅原さんの誕生日だったそうです。

草を刈り始めると、ジリ(霧雨)が振り始め、その後、数日、雨が続きました。

その後、1回テッターをかけましたが、さらに雨に降られ、全く水が抜けないままロールしたそうです。

通常、そのような高水分の草をロールサイレージにするとどうなるでしょう?

さて・・・

3ヵ月たった12月9日。

活性誘導水は効いているのでしょうか?

ドキドキしながら開封してみました・・・

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 堆肥だけでデントコーンは伸びるか?デイリーネットワーク【第45回…
  2. なぜ活性誘導水は作られたのか?デイリーネットワーク【第29回】
  3. 水もしたたるウマいサイレージ?デイリーネットワーク【第78回】
  4. デントコーンをやめてデンプン粕に切替えたらどうなった?
  5. 3年で化学肥料をやめた牧場を視察! デイリーネットワーク【第89…
  6. サシが入らない健康な和牛づくり【西表島】デイリーネットワーク【第…
  7. 活性誘導水をサイレージなどエサ(TMR)に試す方法
  8. 活性誘導水 取扱関係者の本音deトークPart2|デイリーネット…

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP