活性誘導水から始まる循環酪農

まさに抗酸化作用!高水分でもロールサイレージが臭くならない?!

2016年。

今年、初めて「活性誘導水」をロールサイレージにかけてみた、北海道枝幸町歌登(うたのぼり)の菅原さん。

草を刈ったのが9月の初旬。

ちょうど、菅原さんの誕生日だったそうです。

草を刈り始めると、ジリ(霧雨)が振り始め、その後、数日、雨が続きました。

その後、1回テッターをかけましたが、さらに雨に降られ、全く水が抜けないままロールしたそうです。

通常、そのような高水分の草をロールサイレージにするとどうなるでしょう?

さて・・・

3ヵ月たった12月9日。

活性誘導水は効いているのでしょうか?

ドキドキしながら開封してみました・・・

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 高水分のホールクロップも活性誘導水でパサパサに
  2. たった1年で気持ち悪いぐらいミミズがいる堆肥ができた!
  3. ウンコは地球を救う2!やっぱり糞を宝にしなきゃ デイリーネットワ…
  4. 活性誘導水ってナンダ?inうたのぼり
  5. 牧草の食い込みを簡単にアップさせる方法!
  6. 高水分のサイレージがマイナス10℃でも凍らないワケとは?
  7. 化学肥料をやめた牧場って何やってる?デイリーネットワーク【第51…
  8. 雨に濡れたのに乾草?!デイリーネットワーク【第65回】

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP