牧草サイレージ

まさに抗酸化作用!高水分でもロールサイレージが臭くならない?!

2016年。

今年、初めて「活性誘導水」をロールサイレージにかけてみた、北海道枝幸町歌登(うたのぼり)の菅原さん。

草を刈ったのが9月の初旬。

ちょうど、菅原さんの誕生日だったそうです。

草を刈り始めると、ジリ(霧雨)が振り始め、その後、数日、雨が続きました。

その後、1回テッターをかけましたが、さらに雨に降られ、全く水が抜けないままロールしたそうです。

通常、そのような高水分の草をロールサイレージにするとどうなるでしょう?

さて・・・

3ヵ月たった12月9日。

活性誘導水は効いているのでしょうか?

ドキドキしながら開封してみました・・・

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 美味しい一番草・デントコーンサイレージが出来ましたand 子牛が…
  2. 【毎年心配ない】困るぐらい食べ過ぎるサイレージが安定して出来る!…
  3. 【切断長を長くした牧草サイレージ】嗜好性・乳量・疾病・繁殖など牛…
  4. 台風でサイレージが水没!もうダメかと思った
  5. きざみサイレージ・ダイジェスト「サイレージづくりに不安なし」【第…
  6. 高水分のホールクロップも活性誘導水でパサパサに
  7. 活性誘導水を刻みサイレージに添加する最大の特徴とは?【第168回…
  8. 【高水分なのに?】-20℃ 極寒でも凍らないサイレージ?【DNW…

スポンサードリンク

PAGE TOP