活性誘導水から始まる循環酪農

まさに抗酸化作用!高水分でもロールサイレージが臭くならない?!

2016年。

今年、初めて「活性誘導水」をロールサイレージにかけてみた、北海道枝幸町歌登(うたのぼり)の菅原さん。

草を刈ったのが9月の初旬。

ちょうど、菅原さんの誕生日だったそうです。

草を刈り始めると、ジリ(霧雨)が振り始め、その後、数日、雨が続きました。

その後、1回テッターをかけましたが、さらに雨に降られ、全く水が抜けないままロールしたそうです。

通常、そのような高水分の草をロールサイレージにするとどうなるでしょう?

さて・・・

3ヵ月たった12月9日。

活性誘導水は効いているのでしょうか?

ドキドキしながら開封してみました・・・

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 活性誘導水で牛が病気にならない儲かる酪農経営を実現!
  2. 強みは全天候型サイレージが作れること!デイリーネットワーク【第8…
  3. 牛の皮膚病ガンベが激減した商品とは?
  4. 畑作にも効果あり?甜菜(ビート)の苗立枯病が出なくなった! デイ…
  5. 開けてびっくり!一番牧草サイレージが青いまま?
  6. 雨濡れ1番草サイレージ開封!こんなの初めて デイリーネットワーク…
  7. 高水分のサイレージがマイナス10℃でも凍らないワケとは?
  8. 大丈夫?1番草刈ってすぐ堆肥撒き?!デイリーネットワーク【第46…

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP