牧草サイレージ

デントコーンをやめてデンプン粕に切替えたらどうなった?

2016年9月、

活性誘導水とスコヤカBSで作った牧草のできの良さを信じ、いきなりデントコーンをやめ全部、デンプン粕に切替えた北海道・浦幌町の吉田さん。

そうすると

今までのサイレージとは、なんだか、ずいぶん様子が変わってきたようです。

さて、

  • どんなサイレージができたのでしょうか?
  • いきなりエサが変わって牛は食べたのでしょうか?
  • 乳房炎などの疾病は?

詳しくお話をうかがいました。

動画を御覧ください。

※「2016タカキタ酪農塾in阿寒」(2016年11月18日)にて収録

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【高水分なのに?】-20℃ 極寒でも凍らないサイレージ?【DNW…
  2. 2022年の活性誘導水+BS添加のきざみサイレージの出来を3軒の…
  3. 牧草サイレージが牛の健康と経営を左右する【DNW285】
  4. 【驚きの結果】牧草サイレージの食い込みを”もっと”上げる方法【D…
  5. 強みは全天候型サイレージが作れること!デイリーネットワーク【第8…
  6. 【北海道長万部・笠原牧場】2022年のサイレージ”ロール・デント…
  7. ロールサイレージダイジェスト「高水分?むしろ大歓迎!」【第135…
  8. 1番牧草キザミを33日で開封して牛に食べさせてみた【第149回】…
PAGE TOP