活性誘導水から始まる循環酪農

たった1年で気持ち悪いぐらいミミズがいる堆肥ができた!

「活性誘導水」を牛の飲用に使いはじめて2年の北海道・弟子屈町の岡部さん。

この2年間でいろいろな変化があったようです。

  • 牛舎の臭いがしなくなった
  • 受胎がかなり良くなった
  • 乳房炎が減った
  • 畑に積んだ堆肥に大量のミミズが!
  • 牛の尿の臭いが激減した

岡部さんのお話を聞いてみてください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 牧場はラボ!デイリーネットワーク【第44回】
  2. 脱サラして酪農家になった男!元上司が突撃訪問?!
  3. 牛は家族!人を頼むぐらいなら農家やめちゃう!
  4. 活性誘導水で牛や牧場はどうなった?デイリーネットワーク【第50回…
  5. サシが入らない健康な和牛づくり【西表島】デイリーネットワーク【第…
  6. 高水分のサイレージがマイナス10℃でも凍らないワケとは?
  7. 台風でサイレージが水没!もうダメかと思った
  8. 大丈夫?1番草刈ってすぐ堆肥撒き?!デイリーネットワーク【第46…

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP