糞尿

北海道でバイオベッドを成功させるための2つのポイント【DNW226】

北海道別海町の(株)フィードバンクさんでは、
15年ほど前から
乾乳舎を「バイオベッド」にしています。

本州では普通に見られますが、
北海道ではあまりやっているところはありません。

以前、本州の牧場を訪ねた時に
バイオベッドで牛を飼うことで
乳房炎や蹄病が少ないという
状況を目にしました。

これはいい!と
北海道に帰ってきてから
牧場でも試したそうですが、
中々上手くいきませんでした。

試行錯誤した結果
あるポイントに気づきました。

それは、
【糞尿と敷料】
です。

今回は北海道でバイオベッドを
成功させるための2つのポイント
【糞尿と敷料】について
詳しくお話させて頂きました。

さらに詳しくお聞きになりたい方は、
お電話等でご連絡下さい。

※連絡先は下記に掲載しています。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 極寒-25℃!乳牛の糞尿は発酵するのか?【第177回】
  2. 【5年間無化学肥料】台風でも倒れないデントコーン用の堆肥とは?【…
  3. おすすめの水分調整資材とその特徴【第173回】
  4. 【スラリーが臭くない?】北海道1番草前のスラリー撒きの様子と設備…
  5. 2023秋のスラリー散布!もっと臭くないスラリーの作り方とは?【…
  6. 【2024元旦】牧草と飼料米で牛を健康に【DNW327】
  7. 【やっぱり臭くないスラリー散布?】=牛に飲ませて+牧草に添加して…
  8. スラリーの臭いが牛の健康バロメーター!【第160回】
PAGE TOP