活性誘導水から始まる循環酪農

水分84%の草でも乳量・乳成分が安定?!

活性誘導水を使い始めて
1年未満の石垣さん(北海道・士幌町)。

草の収穫時期は大変雨が多く
水分量が84%もあったそうです。

通常なら酪酸発酵が心配です。

しかし、
水が滴るほどのサイレージを牛が食べても乳量や乳成分は安定し乳房炎などの病気も殆どないそうです。

「とんでもなく良い結果が出た」と満足していただいているようです。

今後はITを使った作業の効率化も進めて行くそうです。

石垣牧場さんのインタビューを御覧ください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 活性誘導水ってナンダ?inうたのぼり
  2. バキバキの乾草を牛がモリモリ食べる方法?デイリーネットワーク【第…
  3. 活性誘導水ユーザー感謝祭in秋田県田沢湖【その1】デイリーネット…
  4. 【酪農経営が変わる】活性誘導水を使った酪農の目指すところ
  5. 無化学肥料でデントコーン栽培したらどうなった?デイリーネットワー…
  6. 活性誘導水に出会って20年。今まで、そしてこれから
  7. もう酪農やめようと思ってたのオレ
  8. 【全公開】牛が喜んで食べる美味しい発酵飼料の作り方!デイリーネッ…

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP