牧草サイレージ

水分84%の草でも乳量・乳成分が安定?!

活性誘導水を使い始めて
1年未満の石垣さん(北海道・士幌町)。

草の収穫時期は大変雨が多く
水分量が84%もあったそうです。

通常なら酪酸発酵が心配です。

しかし、
水が滴るほどのサイレージを牛が食べても乳量や乳成分は安定し乳房炎などの病気も殆どないそうです。

「とんでもなく良い結果が出た」と満足していただいているようです。

今後はITを使った作業の効率化も進めて行くそうです。

石垣牧場さんのインタビューを御覧ください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 2020一番牧草サイレージ開封作業!美味しく出来た?【第161回…
  2. 高水分のサイレージがマイナス10℃でも凍らないワケとは?
  3. 1番牧草キザミを33日で開封して牛に食べさせてみた【第149回】…
  4. 【デントコーン】除草剤なし・化学肥料なし・不耕起栽培で作ってみた…
  5. 雨に当たった1番牧草ロールの出来は?【第152回】
  6. 【1年経ってもこの色】活性誘導水を添加した牧草サイレージの特徴と…
  7. 強みは全天候型サイレージが作れること!デイリーネットワーク【第8…
  8. 【毎年心配ない】困るぐらい食べ過ぎるサイレージが安定して出来る!…

スポンサードリンク

PAGE TOP