デイリーネットワーク

堆肥は宝!やっぱり地球に還さなければ!

活性誘導水を20年以上ご利用いただいている山形県南陽市の後藤牧場さんのインタビューです。

活性誘導水があって初めて循環のサイクルができるという後藤さん。

北海道別海町の宮田牧場さんを見た時にカルチャーショックを受け

『堆肥はやっぱり地球に還さなければならないんだ』

と感じたといいます。

まだまだ勉強!と語る後藤さん。

初めて後藤さんの牧場を訪問した時に北海道でもこんな事やってみたいと感動したものです。

それでは後藤牧場をご案内します。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【一番牧草収穫2020】前日の雨でビショ濡れ!北海道中標津町・斉…
  2. 活性誘導水で牛が病気にならない儲かる酪農経営を実現!
  3. 活性誘導水に出会って20年。今まで、そしてこれから
  4. 2019西表島から謹賀新年!デイリーネットワーク【第67回】
  5. 【天候無関係】品質安定のサイレージ作りができるワケ?【DNW12…
  6. 【2020年1番草】活性誘導水で嗜好性の良い1番草を作る方法【第…
  7. TMRの2次発酵を抑えるには?【特集】酪農家・福井邦仁-第2話-…
  8. 食いの悪いサイレージに活性誘導水を使うと?

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP