特集・視察

堆肥は宝!やっぱり地球に還さなければ!

活性誘導水を20年以上ご利用いただいている山形県南陽市の後藤牧場さんのインタビューです。

活性誘導水があって初めて循環のサイクルができるという後藤さん。

北海道別海町の宮田牧場さんを見た時にカルチャーショックを受け

『堆肥はやっぱり地球に還さなければならないんだ』

と感じたといいます。

まだまだ勉強!と語る後藤さん。

初めて後藤さんの牧場を訪問した時に北海道でもこんな事やってみたいと感動したものです。

それでは後藤牧場をご案内します。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 北海道なのに?牛舎にエアコン?!【第154回】
  2. 活性誘導水を使った循環酪農 成功の秘密とは?牧場見学視察会(北海…
  3. なぜ活性誘導水は作られたのか?デイリーネットワーク【第29回】
  4. 小麦の収量が2倍になった方法?デイリーネットワーク【第102回】…
  5. 【新築牛舎紹介Part1】これが最新のロボット牛舎だ!
  6. 【新築牛舎紹介Part2】ロボット牛舎の裏側全部見せます!
  7. 無化学肥料+不耕起栽培+海水でコスパ最高のデントコーン完成!【D…
  8. 【特集】酪農家・徳山彰-最終話-『夢は放牧で山地酪農のロボット搾…

スポンサードリンク

PAGE TOP