デイリーネットワーク

活性誘導水で牛が病気にならない儲かる酪農経営を実現!

今回は広尾町の鈴木牧場さんの牧場視察研修会の様子をお届けします。

鈴木牧場さんは、活性誘導水を使うことで配合飼料や化学肥料を減らし、【草で乳を絞る酪農】を実践しています。

牧場特有のふん尿の臭いがなく

『牛舎で卵かけご飯が美味しく食べられる!』

という驚きの牧場です^^

 
活性誘導水やスコヤカシリーズを牛に与えることで病気が激減し大幅な経費節減にもつながります。

  • 5年で1頭しか死んでない!牛が元気なのはなぜ?
  • 活性誘導水使用で変わったエサの配合や牛の状態とは?
  • 撒くとマメ科が生える?雑草が消える?牛の尿の活用方法とは?

驚きの牧場経営の秘密をご覧ください!

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 牛の皮膚病ガンベが激減した商品とは?
  2. あれから20年~活性誘導水の勉強に来た懐かしの牧場へ!デイリーネ…
  3. 今までのサイレージ作りとは正反対!活性誘導水説明会in太陽ふぁー…
  4. 【2020一番牧草収穫ラスト】ロールベーラでの収穫作業風景in北…
  5. 酪農家の疑問を酪農家が解決するミーティング【後半】デイリーネット…
  6. 【和牛】1番草チモシーロールより麦稈が好き?【第151回】
  7. たった1年で気持ち悪いぐらいミミズがいる堆肥ができた!
  8. 【和牛繁殖編】活性誘導水ユーザーの声【第141回】

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP