デイリーネットワーク

活性誘導水で牛が病気にならない儲かる酪農経営を実現!

今回は広尾町の鈴木牧場さんの牧場視察研修会の様子をお届けします。

鈴木牧場さんは、活性誘導水を使うことで配合飼料や化学肥料を減らし、【草で乳を絞る酪農】を実践しています。

牧場特有のふん尿の臭いがなく

『牛舎で卵かけご飯が美味しく食べられる!』

という驚きの牧場です^^

 
活性誘導水やスコヤカシリーズを牛に与えることで病気が激減し大幅な経費節減にもつながります。

  • 5年で1頭しか死んでない!牛が元気なのはなぜ?
  • 活性誘導水使用で変わったエサの配合や牛の状態とは?
  • 撒くとマメ科が生える?雑草が消える?牛の尿の活用方法とは?

驚きの牧場経営の秘密をご覧ください!

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 牛が穏やかになる!毛艶が良くなる!
  2. 活性誘導水だけでは堆肥は発酵しない!
  3. サイレージの発酵を極めて遅くする水?デイリーネットワーク【第17…
  4. 牛乳を40キロ搾るには牛乳を搾らない?【特集】酪農家・福井邦仁-…
  5. 【特集】酪農家・徳山 彰 – 第1話『仕事は1日3時…
  6. 雨濡れ1番草サイレージ開封!こんなの初めて デイリーネットワーク…
  7. 【楽農への道】化学肥料をやめたらどうなる?デイリーネットワーク【…
  8. 2017タカキタ酪農塾in阿寒

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP