インタビュー

コレは乳量◯◯キロのメニューじゃない!【DNW328】

前回に引き続き
岡山県奈義町の小林牧場さんの
インタビューです。

今回は、
牛に与えている牧草を
見せてもらいました。

以前は、輸入牧草の
スーダンやアルファを
使っていたそうですが、

それを全部辞めて

自分の圃場から採れた
イタリアン
ホールクロップ
オーツ
を与えています。

「食い過ぎてすぎて困る」

活性誘導水・BSを添加し始めてから

刈り遅れでも、
土が付いていても

牛はよく食べて
疾病もないようです。

与えているメニューを見ても
とても27キロ(去年は30キロ)
乳量が出るような
メニューとは思えません。

その秘密は何でしょう?

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【ユーザー訪問】大分県の山羊牧場でも活性誘導水が使われていた!【…
  2. 一番牧草に初めて活性誘導水を添加したらどうなった?【第146回】…
  3. 3人の活性誘導水レジェンド(後編)デイリーネットワーク【第24回…
  4. 【2023サイレージ分析・第2弾】昨年から土壌が激変し始めた結果…
  5. 無化学肥料+完全不耕起!究極のデントコーン完成!【DNW110】…
  6. もう酪農やめようと思ってたのオレ
  7. 【サイレージ分析結果】鶴居VS中標津!刈り取り日が同じなのに?!…
  8. 【2024元旦】牧草と飼料米で牛を健康に【DNW327】
PAGE TOP