牧草サイレージ

「使った方が良い」というのが使った感想 ~デイリーネットワーク【第85回】

夏場の牧草収穫時期に天候不良で、
やむを得ず水分の多いロールが
出来てしまう場合があります。

当然、ニオイや嗜好性が悪く
食べた牛の健康も心配です。

北海道では昨年(2018年)、
6月中旬から1ヵ月間
長雨と低温に悩まされました。

北海道枝幸町のH牧場さんも
「なんとかならないものか?」と
近所の牧場と話していたところ
『活性誘導水』というものがあると
紹介されたそうです。

あまり期待していなかったHさんは、
色々実験しながら
活性誘導水を試したそうです。

どんな水分の草に
活性誘導水をかけた方が
効果があるのか?

また、
効果が感じられないのは
どんな草なのか?

H牧場さんでは、
活性誘導水を使用し始めて、
3年目になります。

今年も1番牧草の時に、
使ってみるそうです。

どんな草ができるのか
楽しみですね。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 活性誘導水を使った抗酸化サイレージの特徴とは?
  2. 刈り遅れサイレージでも食べてくれるのでありがたい!デイリーネット…
  3. 高水分のホールクロップも活性誘導水でパサパサに
  4. 活性誘導水を刻みサイレージに添加する最大の特徴とは?【第168回…
  5. 一番牧草サイレージ&無化学肥料・完全不耕起栽培デントコーンの出来…
  6. 酪酸発酵でVスコア最悪!だけど体細胞は良い?【第175回】
  7. 水分84%の草でも乳量・乳成分が安定?!
  8. 2018年1番草の出来は?パート1 デイリーネットワーク【第47…

スポンサードリンク

PAGE TOP