使用方法

【牧草が始まる前に】自分でできる活性誘導水 添加ポンプのメンテナンス方法【DNW233】

北海道ではまだまだ草の時期ではありませんが、
南の暖かい地域では既に一番牧草が収穫されています。

ロールベーラーや自走ハーベスターに
活性誘導水の添加ポンプを装備している方は、
牧草時期が始まる前に
お早めに点検することをおすすめします。

今回はご自身でも簡単に
メンテナンスできる事について解説します。

点検してみて故障等あれば
お早めに部品の交換をして下さい。

ご不明な点は、
お電話やメールにてお問い合わせ下さい。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【ズバッ!と回答】ウェット飼料の品質低下を防ぎ嗜好性を上げる活性…
  2. 【活性誘導水Q&Aパート1】暑さで牛の食欲がない!どうしたらいい…
  3. 牧草収穫時に活性誘導水を添加するためのポンプセット【第185回】…
  4. 食いの悪いサイレージに活性誘導水を使うと?
  5. 【よくある質問】活性誘導水の注文方法は?使い方は?資料は?【第1…
  6. 【牧草失敗しないために】活性誘導水+BSの4つの疑問とロールベー…
  7. 活性誘導水をサイレージなどエサ(TMR)に試す方法
  8. 活性誘導水+BSでつくる発酵飼料のススメ【DNW284】
PAGE TOP