その他

【家庭菜園】活性誘導水と少しの手間でミミズがいっぱい棲む団粒構造の畑に【DNW257】

私は自宅でも実験がてら
活性誘導水を使って家庭菜園をやっています。

化学肥料などは一切使わず、
活性誘導水を飲ませた牛の完熟堆肥だけを使って
作物を育てています。

雑草の手入れなどもほぼせず
基本的にほったらかしですが、
元気に作物が育ちます。

我が家の家庭菜園は、
作物を収穫した後にちょっとした手間をかけることで
たくさんのミミズが棲む団粒構造の畑になり
化学肥料を使わなくても毎年美味しい作物ができます。

今回は玉ねぎを収穫しました。

ご興味のある方はぜひご覧ください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. タカキタ リモコンラップマシーンWM1600R
  2. スマート農業!牧草ロール巻作業が全自動?デイリーネットワーク【第…
  3. αリノレン虹の豚を育てる豚舎の環境とは?
  4. タカキタ パワープッシュマニア PD13000SGB
  5. MUN3.8でも牛は健康?【特集】酪農家・後藤忠雄-第1話-【D…
  6. 【2021年一番牧草ロール開封】低・中・高水分で比較したけど、、…
  7. 【2020年】新年のご挨拶と抱負~デイリーネットワーク【DNW1…
  8. 牛舎のふん尿掃除にタイヤスクレイパー!

スポンサードリンク

PAGE TOP