牧草サイレージ

【切断長を長くした2番草の収穫2022】活性誘導水+BSの混合割合や添加のコツ解説【DNW259】

昨年からハーベスターの刃を抜いて
牧草の切断長を長くした
北海道中標津町の牧場に
活性誘導水+BSの添加作業のお手伝いに来ました。

切断長を長くした牧草は、
2次発酵や腐ることもなく
とても良いサイレージに仕上がりました。

もちろん牛の嗜好性も良いということで
今回も継続して長いまま収穫します。

牧草の切断長を長くすることで
牛だけではなく作業機械へのメリットもあります。

詳しくは前回(昨年)の動画でお話しています。

『【ハーベスターに秘密】牛の嗜好性・反芻がアップする牧草サイレージを作るには?【第196回】』
 https://youtu.be/_287I1UEDyk

添加する活性誘導水+BSの混合割合や
添加時のコツなども実際作業を行いながら
解説しています。

ご興味のある方は是非ご覧ください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【ユーザーインタビュー】雨当たりロール8日後に開封!1週間牛に食…
  2. 開けてびっくり!一番牧草サイレージが青いまま?
  3. 「使った方が良い」というのが使った感想 ~デイリーネットワーク【…
  4. 一番牧草に初めて活性誘導水を添加したらどうなった?【第146回】…
  5. 天候に左右されないサイレージを作るには?【第126回】
  6. カビたサイレージでも食い込み抜群?!さらに乳房炎なし!
  7. 【サイレージ開封】無化学肥料のデントコーンサイレージに活性誘導水…
  8. 美味しい一番草・デントコーンサイレージが出来ましたand 子牛が…

スポンサードリンク

PAGE TOP