牧草サイレージ

【切断長を長くした2番草の収穫2022】活性誘導水+BSの混合割合や添加のコツ解説【DNW259】

昨年からハーベスターの刃を抜いて
牧草の切断長を長くした
北海道中標津町の牧場に
活性誘導水+BSの添加作業のお手伝いに来ました。

切断長を長くした牧草は、
2次発酵や腐ることもなく
とても良いサイレージに仕上がりました。

もちろん牛の嗜好性も良いということで
今回も継続して長いまま収穫します。

牧草の切断長を長くすることで
牛だけではなく作業機械へのメリットもあります。

詳しくは前回(昨年)の動画でお話しています。

『【ハーベスターに秘密】牛の嗜好性・反芻がアップする牧草サイレージを作るには?【第196回】』
 https://youtu.be/_287I1UEDyk

添加する活性誘導水+BSの混合割合や
添加時のコツなども実際作業を行いながら
解説しています。

ご興味のある方は是非ご覧ください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 酪酸発酵でVスコア最悪!だけど体細胞は良い?【第175回】
  2. 強みは全天候型サイレージが作れること!デイリーネットワーク【第8…
  3. 活性誘導水を刻みサイレージに添加する最大の特徴とは?【第168回…
  4. -15度でも凍らない高水分の牧草ロール?!(第124回)
  5. 3日で乳量がアップしたキザミサイレージの実態【DNW315】
  6. 2018年1番草の出来は?パート1 デイリーネットワーク【第47…
  7. 台風でサイレージが水没!もうダメかと思った
  8. 【驚きの結果】牧草サイレージの食い込みを”もっと”上げる方法【D…
PAGE TOP