デイリーネットワーク

活性誘導水で牛や牧場はどうなった?デイリーネットワーク【第50回】

今年は長雨のせいで、
1番草の出来に不安が残る北海道ですが、
その中にあって鹿追町の郡谷(こおりや)牧場さんでは、
特に問題なく、牛がよく食べる牧草ができました。

 

その秘密について聞いてみたのですが、
他の牧場とやっていることは同じだと言います。

 

ただ、
一つ違うこととしては
「○○○」なんだそうです。

 

さて「○○○」とは何でしょう?

 

これは、多くの方が、気づいているようで
気づいていないポイントだと思います。

 

実はこの「○○○」の質を向上させ
【宝】として大事にしていくことが、
活性誘導水の目指す
”循環型酪農”の始まりです。

 

循環型の酪農は、
活性誘導水を使ったからと言って
一朝一夕で、
できることではありません。

 

しかし、
ひとつずつ取り組むことで
徐々に循環させていくことが可能です。

 

そして、
その循環に乗ることで、
牛や牧場、さらに経営も
うまく周っていきます。

 

このインタビューの中で
郡谷さんが話している、
牛や牧場の変化こそが

活性誘導水の目指す
循環型酪農なのです。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 高水分のホールクロップも活性誘導水でパサパサに
  2. 牛の頭数を減らしたら儲かってきた!そのワケとは?
  3. 高水分のサイレージがマイナス10℃でも凍らないワケとは?
  4. 法人化のメリット・デメリット!知らなきゃ損する法人化の話|デイリ…
  5. 活性誘導水に出会って20年。今まで、そしてこれから
  6. 活性誘導水+ニンジンで牛の免疫力アップ!
  7. 結局、肥料じゃない!デイリーネットワーク【第57回】
  8. 強みは全天候型サイレージが作れること!デイリーネットワーク【第8…

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP