草地・作物

【3年目】玉ねぎに活性誘導水を添加したらどうなった?【第189回】

今年も活性誘導水を玉ねぎの苗に添加していただいている
北海道本別町の野菜農家さんにお邪魔しました。

今年で活性誘導水を添加し始めて3年目ですが、
苗や作物にどのような
変化が出てきたのでしょうか?

また苗の時や畑に移植した後、
防除の時など
どの様に活性誘導水を
散布しているのか等
お話を伺ってきました。

最近、畑作農家さんからの
注文も多くなってきましたので
ご興味のある方は参考にしてみてください。

玉ねぎの他の野菜にも
添加して頂いているので
収穫の時期にまたご紹介します。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【ビート育苗で】夜でも地温が下がらなくなった?【第190回】
  2. 【今年の生育状況は?】5年間堆肥のみで育てたデントコーン【DNW…
  3. 圃場の地力を上げるために重要な事とは?【第169回】
  4. 2019道東の一番草収穫!出来は?デイリーネットワーク【第94回…
  5. 草地更新と雑草の問題を解決するには?【第166回】
  6. 堆肥だけでデントコーンは伸びるか?デイリーネットワーク【第45回…
  7. 【梅雨・雹・日照不足】2022野菜生育への影響は?【DNW252…
  8. 畑作にも効果あり?甜菜(ビート)の苗立枯病が出なくなった! デイ…

スポンサードリンク

PAGE TOP