草地・作物

【道東/一番牧草収穫直前】活性誘導水を使った牧草の伸びはいかに?【第195回】

北海道の東側(道東)では、
一番牧草の収穫が始まってきています。

今回は、活性誘導水を長年使っている
2つの牧場に一番牧草の成長具合を見に来ました。

収穫1~2週間前の様子です。

この2つの牧場の牧草には、
違いがあります。

★一つの牧場は、
【オーガニック認定】を受けた牧場で
一切化学肥料を使っていません。

自前の糞尿だけで牧草を育てています。

★もう一つの牧場は、
5~6年、自前の糞尿だけでしたが、
今年は反20キロの化学肥料を撒いた圃場です。

この2つの牧草の生育具合を御覧ください。

糞尿で地力のついた土地に
上手に化学肥料を使う事で
素晴らしい効果が期待できます。

活性誘導水を利用し 牛の食べ物、
飲み物の質を上げることが、
大きなポイントとなります。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【成育数値化】玉ねぎの成育比較開始!活性誘導水vs無添加水【第1…
  2. 玉ねぎの生育調査をニューホランドに依頼した結果【第156回】
  3. 圃場の地力を上げるために重要な事とは?【第169回】
  4. 【一番牧草収穫2020】前日の雨でビショ濡れ!北海道中標津町・斉…
  5. 雑草と裸地が多い圃場の改善事例【第167回】
  6. 3人の活性誘導水レジェンド!デイリーネットワーク【第21回】
  7. 雪解けの牧草地が青々しているワケとは? デイリーネットワーク【第…
  8. 【3年目】玉ねぎに活性誘導水を添加したらどうなった?【第189回…

スポンサードリンク

PAGE TOP