草地・作物

2020年一番牧草収穫直前!化学肥料未使用牧草の生育は?【第142回】

北海道では間もなく
一番牧草の収穫時期です。

今回ご覧いただく圃場は、
化学肥料を使わず
自分の牧場のスラリーだけで
栽培された牧草地です。

どんな牧草になっているのか
刈り取り直前の
生育状況をレポートします。

撮影させていただいた牧場は、
・北海道中標津町 斎藤牧場さん
・北海道別海町 酒井牧場さん
・北海道別海町 宮田牧場さん(株式会社フィードバンク)
です。

みなさん、長期に渡り
活性誘導水を使用しています。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【3年目】玉ねぎに活性誘導水を添加したらどうなった?【第189回…
  2. 雑草と裸地が多い圃場の改善事例【第167回】
  3. 3人の活性誘導水レジェンド!デイリーネットワーク【第21回】
  4. 【道東】スラリーだけで大丈夫?化学肥料一切なしの牧草の成育(20…
  5. 【梅雨・雹・日照不足】2022野菜生育への影響は?【DNW252…
  6. 【今年の生育状況は?】5年間堆肥のみで育てたデントコーン【DNW…
  7. 2019道東の一番草収穫!出来は?デイリーネットワーク【第94回…
  8. 【玉ねぎ移植直前】活性誘導水を4~5年使ったら作物・土壌はどう変…

スポンサードリンク

PAGE TOP